福岡・けやき通り&箱崎の小さな本屋 ブックスキューブリックIndependent Small Bookstore in Fukuoka since 2001

【終了】~2/19『阿蘇くじゅう 朝の光へドライブ』刊行記念 川上信也写真展&スライドトークショー

会期延長で2月19日(日)まで開催いたします!→終了しました。

 

 九州を中心とした風景写真で知られる、福岡在住の写真家・川上信也さん。これまで『フクオカ・ロード・ピクチャーズ』(花乱社)や『九州・色彩をめぐる旅』(花乱社)などの写真集を発表されていますが、この秋、待望の新刊、『阿蘇くじゅう 朝の光へドライブ』(花乱社)が刊行されます。こちらを記念した写真展をブックスキューブリック箱崎店で開催いたします。

_top撮影:川上信也

 

 6冊目となる今回の写真集は、「阿蘇くじゅう」の広大な高原にスポットをあて、2年半に渡って撮影してきた写真群で構成されています。展示初日の12月10日(土)の夜には、オープニングイベントとして、川上信也さんの解説付きのスライドトークショーを行います。

 身近にある自然がある瞬間にだけ見せる特別な美しさを、写真を通じて私達に教えてくれる川上信也さんの作品を、写真展とスライドトークショーで存分にお楽しみください。皆様のご参加をお待ちしております。

 

朝もやの中、エンジンをかけ、
フロントガラスに映し出される阿蘇くじゅうの山々をたよりに
高原の一本道を走りはじめる。
やがて車窓の向こうに見えてくる草原、森、山々。
登山で出合う特別な風景と違い、
普段から身近に存在している自然が見せる優しい美しさ。

そして朝の到来と共に、さらにしなやかさを増す雄大なる高原風景。
今まで知っているようで知らなかった新たなる阿蘇くじゅうが次々と姿を見せ始める。
(『阿蘇くじゅう 朝の光へドライブ』あとがきより)

 

『阿蘇くじゅう 朝の光へドライブ』刊行記念
川上信也写真展 

会期:2016年12月10日(土)~1月29日(日)
  11:00~19:00(月曜定休・12/31~1/3年末年始休)
場所:カフェ&ギャラリー・キューブリック
(ブックスキューブリック箱崎店2F・福岡市東区箱崎1-5-14
JR箱崎駅西口から博多駅方面に徒歩1分)

【終了:オープニングイベント】川上信也さんスライドトークショー

日時:2016年12月10日 (土) 19:00スタート(18:30開場)
会場:カフェ&ギャラリー・キューブリック
(ブックスキューブリック箱崎店2F・福岡市東区箱崎1-5-14
JR箱崎駅西口から博多駅方面に徒歩1分)
出 演:川上信也
聞き手:大井実(ブックスキューブリック)
参加費:1500円(1ドリンク付・要予約)
*終演後にサイン会有り
*出演者を囲んだ懇親会有り(参加費2000円・2ドリンクと軽食付・要予約)

予約先:
①メールでお申し込み
hakozaki@bookskubrick.jpまで、
件名を「12/10川上信也スライドトークショー予約」として
[1.お名前、2.参加人数、3.ご連絡先電話番号 4.懇親会参加有無]をご記入の上お申込みください。
当店からの予約確認メールをもってお申し込み完了といたします。
※返信がない場合はお電話にてお問合せください。

②peatixというサービスからも簡単に予約が可能です。
こちらの「チケットを申込む」ボタンからお申込ください。
参加費は当日受付でお支払いくださいますようお願いいたします。

 

川上 信也(かわかみ・しんや)
1971年、愛媛県松山市生まれ。福岡を拠点とするフリーのフォトグラファー。福岡大学建築学科卒業後、大分県くじゅうの法華院温泉山荘に1997年より5年間勤務。その間にくじゅうの自然風景、アジアの旅風景を撮り続ける。その後プロ活動を開始し、風景のみならず自然光を生かした人物、建築、料理など様々な撮影を行っている。ライフワークとして九州の自然、旅風景の撮影を続けており、定期的に写真集を出版し写真展を開催している。
JNP日本風景写真協会福岡第2支部指導講師(2007~)、富士フイルム講師(2015~)、福岡空港フォトコンテスト審査委員長(2010~)、新出光カレンダー(2016、2017)

【作品集】
『坊がつる山小屋日記:くじゅう法華院温泉の12か月』(海鳥社、2003年)
『くじゅう万象:坊がつる日月』(海鳥社、2004年)
『福岡の休日』(海鳥社、2006年)
『フクオカ・ロード・ピクチャーズ:道のむこうの旅空へ』(花乱社、2011年)
『九州・色彩をめぐる旅』(花乱社、2014年)

ホームページ:「九州 色彩をめぐる旅
ブログ:「シャッター音を傍らに

 

1
3

2

Go to top