福岡・けやき通り&箱崎の小さな本屋 ブックスキューブリックIndependent Small Bookstore in Fukuoka since 2001

川島小鳥写真集『未来ちゃん』展を開催いたします!

Book1_L.jpg
昨年発売された「BRUTUS」12/15号「写真はもっと楽しくなる。」特集の表紙を飾るなどして話題となった佐渡島に住む少女、未来ちゃん。彼女を一年間撮り続けた川島小鳥さんの写真集『未来ちゃん』発売を記念して、当店で川島小鳥写真集『未来ちゃん』展を開催することになりました。
一度観たら忘れられない、強烈な魅力を持つ写真の数々、この機会にぜひご覧ください。写真集は、3月16日にナナロク社より発売予定です。装丁は祖父江慎さん、204ページに及ぶ「最強」の写真集です。どうぞお楽しみに。
また、小島さん幻のデビュー作『BABY BABY』が待望の復刊を遂げ、現在店頭に並んでいます。どうぞチェックされてみてください。
川島小鳥写真集『未来ちゃん』展
会期:2011年3月15日(火)~4月3日(日)
11時30分~19時30分(毎週月曜定休)
会場:カフェ&ギャラリー・キューブリック(ブックスキューブリック箱崎店2F)
川島小鳥プロフィール
写真家 1980年生まれ。早稲田大学第一文学部仏文科卒業後、沼田元氣氏に師事する。2006年、一人の少女を4年間撮り続けた作品で第10回新風舎平間至賞大賞受賞。2007年写真集『BABYBABY』を発売する。ポートレートを中心に雑誌、CDジャケット、書籍、カタログなどで活動中。2010年4月、佐渡島に住む一人の少女を撮影した『未来ちゃん』を発表。THERME GALLERY(東京・都立大学駅)にて行われた写真展『未来ちゃん』が話題を呼び、自主制作写真集『未来ちゃん』500部が即完売。その後、多方面の雑誌等で取り上げられ注目される。
『未来ちゃん』(発売:ナナロク社・2100円(税込)・3月16日発売予定)
写真家の川島小鳥が、佐渡島に住む一人の少女を一年をかけて撮影した作品『未来ちゃん』。
昨年4月、THERME GALLERY(東京・都立大学駅)にて行われた同タイトルの写真展が話題を呼び、自主制作写真集『未来ちゃん』(限定500部)は即完売となりました。
その後多方面で紹介され、昨年12月に発売されたBRUTUS No.699号では表紙を飾るなど、人気沸騰中の注目作です。
SV2_L.jpg

SV1_L.jpg

Cover4_L.jpg
BABY_BABAY_H1.jpg

Go to top