福岡・けやき通り&箱崎の小さな本屋 ブックスキューブリックIndependent Small Bookstore in Fukuoka since 2001

メディア掲載

「ようこそ『本屋さん』へ!」セラピスト高宮潤子さんのHP 2004/3/27

2005.12.23

 札幌在住のセラピスト高宮潤子さんのホームページでご紹介いただきました。 http://homepage3.nifty.com/happy-drops/nikoniko/honya.htm

「力の源通信」 2005年5・6号

2005.12.18

「力の源オススメの店 ブックスキューブリック」

 「本屋へ行くと、つい長居をしたくなる」「衝動買いが抑え切れず5千円や1万円を惜し気もなく使ってしまう」、そんな本好きが泣いて喜ぶような書店が福...

「心のガーデニング」 2005年7月号 (文・沼田みより)

2005.12.16

「私の好きな本屋さん」

ラッピングコーディネーター 沼田みより

 ブックス キューブリックの事を「我が家の書籍棚」と呼んでいる知人がいる。仕事のコースを工面しては、バイクで頻繁に...

「Subクリップ」 2003年新春特別号 

2005.12.14

上昇企業の仕掛け人にインタビュー

「ターゲットは、“好奇心旺盛な知的な大人です」

「街の書店」の”新しい形”を提案するブックスキューブリク代表・大井実さんに直撃 「街の書店」新しい姿と...

「FORNET」 2004年5月号 

2005.12.10

噂の売れる店 繁盛の秘訣は? 「厳しい書店業界で着々と売り上げを伸ばす大人向けの本屋 ブックスキューブリック」 ところ変わって福岡都心、赤坂のけやき通り沿いにある小さな書店「ブックスキューブリック...

「季刊 本とコンピュータ」 2003年夏号

2005.12.08

永江朗が選ぶオドロキの本屋ベスト10

「大人のライフデザイン書 ブックスキューブリック」

 売り場はわずか13坪ながら、吟味しつくした品揃えは見事。文芸、美術、建築、デザイン、ビ...

「毎日新聞」 2002年11月14日

2005.12.04

街百話「書店」

 おしゃれなブティックや美容室が並ぶ福岡市中央区の「けやき通り」に、50平方メートルたらずの小さな書店がある。大井実さん(41)の夢が詰まった「キューブリック」だ。店内には、売...

「書店経営」 2002年6月号 (文・永江朗)

2005.12.02

うわさの個性派書店54 レポーター 永江朗

ライフスタイルからライフデザインへといざなう書店

 特定のジャンルに絞った専門店ではなく、かといってあらゆるジャンルをまんべんなく置く店でも...

「毎日新聞」 2005年2月3日 高倉美恵・文

2005.11.30

子連れ本屋さんの読書日記

「店は小さくても工夫次第」

 首都圏、地方を問わず、大型書店の出店が止まらない。本屋に限らず、大規模店ができて、周囲の小規模店が閉店するという流れ...

「こころのガーデニング」 2005年6月 No.73

2005.11.30

特集 ちょっとすてきな本屋さん ブックスキューブリック

 福岡市中央区赤坂の「ブックスキューブリック」は小さい間口ながらもとても魅力的な本屋さん。やはり棚に並んだ本の一冊一冊に店主の愛情が感じ...

「季刊 博多独楽」 2002年春号

2005.11.27

小さいけれど街の匂いを感じられる個性的な書店

「店主の顔が書棚から感じられる」

 けやき通りに面する15坪程度の小さな書店「ブックスキューブリック」。選書(仕入れ)の95%は店主...

「はかた版元新聞」 2002年2月1日号 VOL.4

2005.11.24

特集 地方出版と町の本屋さん

「不況で 良かった!? 2001年発、町の本屋の旅」

 ウチは去年の春にオープンしたのですが、店の名前は映画「2001年宇宙の旅」に因んでつけました...

「たかくら&みえぞう製作所日誌」 2002.05.19

2005.11.20

元福家書店店長、高倉美恵さんのホームページで「勝手に本屋さん紹介」として紹介いただいています。 http://www2.odn.ne.jp/takakura/kubrick.html

...

「あっちこっち」 2001年11月号

2005.11.07

「旅のアラカル」 福岡市内の中央区にある「けやき通り」はクルマの往来は激しいが、歩道には並木の緑が多く、歩くと気持ちがいい。 先日、仕事の合間にぶらぶらと歩いていたとき、その一角に面白い本屋さんを...

「モンタン」 2001年7月号

2005.10.13

「生活に深みを与える本との出会いをさりげなくプロデュースする”街の本屋”」

 けやき通りに新しい本屋を見つけたのは、緑が眩しい初夏のこと。15坪ほどの小さな店内に色とりどりの本がぎ...

「西日本新聞」 2001年5月11日 

2005.09.28

<天神ばなな> エッジ通信

「2001年本の旅」

 店内は木の床。天井からは白熱灯がともる。ブティックのような雰囲気だが、ここは本屋さんだ。ブッ...

「朝日新聞」 2001年6月20日 「よか!」

2001.06.21

忘れないあの言葉 「本屋は棚を耕す」

 いまごろの季節、福岡市中央区赤坂の「けやき通り」は絶好の散歩道である。その濃い緑のケヤキ並木の一角に、大井実さん(40)の書店「ブックス・キューブリック」は...

Go to top