福岡・けやき通り&箱崎の小さな本屋 ブックスキューブリックIndependent Small Bookstore in Fukuoka since 2001

10/1(日)『ピンヒールははかない』刊行記念 佐久間裕美子さんトークショー

 

 ニューヨーク在住のライター、ジャーナリストの佐久間裕美子さんの新刊「ピンヒールははかない」(幻冬舎)の発売を記念したトークショーをブックスキューブリック箱崎店で開催いたします。

 佐久間さんといえば、ブルックリンやポートランドで起こったライフスタイルの革命を追った「ヒップな生活革命」(朝日出版社)が2014年に出版され話題となりました。当時は、一時帰国中に当店でもトークをしていただきました。

 新刊「ピンヒールははかない」では、ニューヨークという大都会で思いっきり働き、ときに迷い傷つきながらも前を向いて生きる女性たちへのインタビューからなるエッセイです。20年近くニューヨークで暮らす佐久間さん自身の仕事や生活についても綴られています。

 多様な価値観が混在する今の世の中で、自分の仕事や生活のスタイルをどう選び取り、進んでいくのか。この本に登場する女性たちの、ときに大胆で覚悟のある舵取りは、これからの生き方を考える上で勇気とヒントを与えてくれます。

 トーク当日は、本書制作のエピソードやニューヨークに住み働くことについてなど、時間の許す限りお話を伺います。皆様のご参加をお待ちしております。

 
▼佐久間さんのインタビュー記事。ぜひご覧ください!
http://motokurashi.com/take-off-your-heels/20170807

 

『ピンヒールははかない』刊行記念
佐久間裕美子さんトークショー

 日時:2017年10月1日(日)17:00スタート(16:30開場)
会場:カフェ&ギャラリー・キューブリック
(ブックスキューブリック箱崎店2F・福岡市東区箱崎1-5-14
JR箱崎駅西口から博多駅方面に徒歩1分)
出演:佐久間裕美子
聞き手:大井実(ブックスキューブリック)
参加費:1500円(1ドリンク付・要予約)
*終演後に懇親会有(1ドリンクとカフェキューブリックのキーマカレー付・参加費1000円・要予約)

 

予約先:①メールでお申し込み
hakozaki@bookskubrick.jpまで、件名を「10/1トーク予約」として
[1.お名前、2.参加人数、3.ご連絡先電話番号、4.懇親会参加有無]
をご記入の上お申込みください。
当店からの予約確認メールをもってお申し込み完了といたします。
※返信がない場合はお電話にてお問合せください。 

②peatixというサービスからも簡単に予約が可能です。
こちらの「チケットを申込む」ボタンからお申込ください。
参加費は当日受付でお支払いくださいますようお願いいたします。

 

佐久間裕美子(さくま・ゆみこ)

ライター。1973年生まれ。96年慶應義塾大学卒業後、イェール大学大学院修士課程に進学。98年大学院修了と同時に二ューヨークヘ。新聞社のニューヨーク支局、出版社、通信社勤務を経て、会社員生活に向いていないと自覚し、2003年に独立。2008年、ロバート・フランクの『アメリカンズ』刊行50周年へのトリビュートとして初めて全米を一周。サブプライム金融危機を受けて、インディペンデントのメディアを作りたいと、12年<PERISCOPE>を友人たちと立ち上げる。これまで、アル・ゴア元副大統領からウディ・アレン、ショーン・ペンまで多数の有名人や知識人にインタビューした。「ブルータス」「& プレミアム」「ヴォーグ」「WIRED  JAPAN」など多数の雑誌に寄稿する。著書に『ヒップな生活革命』、翻訳書に『テロリストの息子』などがある。
https://www.yumikosakuma.com/

 

 

『ピンヒールははかない』

佐久間裕美子/著 幻冬舎 1200円+税

 

めいっぱい生きる。
NYブルックリンひとり暮らし。どこまでも走り続けたい。

ニューヨークで暮らすようになって、もうすぐ20年になる。
ここでは「シングル=不幸」と思わせるプレッシャーがない。
周りには、果敢に恋愛や別れを繰り返しながら、社会の中で生き生きと頑張っている女性が山ほどいる。
一生懸命生きれば生きるほど、人生は簡単ではないけれど、せっかくだったら、フルスロットルでめいっぱい生きたい。だから自分の足を減速させるハイヒールははかない。
大都会、シングルライフ、女と女と女の話。

Go to top