福岡・けやき通り&箱崎の小さな本屋 ブックスキューブリックIndependent Small Bookstore in Fukuoka since 2001

  • けやき通り店
  • 箱崎店
  • カフェ&ギャラリー箱崎店
  • BKベーカリー
  • オンラインショップ

お知らせ Topics

もっとお知らせを見る

KUBRICKのおすすめ Recommend

  • 「地元がヤバい…と思ったら読む 凡人のための地域再生入門」

     木下斉さんの新刊『地元がヤバい…と思ったら読む 凡人のための地域再生入門』! 「地域再生の成功は“まず始めること”そして“一度の失敗でやめないこと”」 カリスマリーダーを待つのではなく、地道で失... 詳しく見る >


  • 「幸せについて」

     谷川俊太郎さんの"エッセイ"、『幸せについて』。 表紙は3種類、谷川さんの手書き文字です。装丁は名久井直子さん。幸せについての短い文章が綴られています。 押し付けられる幸せではなく、自分に... 詳しく見る >


  • 「みな、やっとの思いで坂をのぼる」

     「水俣病」と聞いて何を思いますか。 ・チッソの工場排水によってメチル水銀中毒が引き起こされたということ。 ・県も国も企業側に立ち、患者に寄り添わなかったため、患者は闘わなければならなかったという... 詳しく見る >


  • 「フェルメール」植本一子

    「フェルメール」植本一子

    『旅の目的は、フェルメールのすべてを撮ること。』 7カ国14都市・17の美術館を巡り、カメラとペンで記録した写真家・植本一子さんの旅の記録「フェルメール」がナナロク社+ブルーシープから発売さ... 詳しく見る >


  • 「本を贈る」

    「本を贈る」

     本作りに携わる10名のリレーのようなエッセイ。原稿を綴り、印刷されて、書店で他の本と並び、読者に届く。そのあいだで真摯に仕事をする人々の言葉が、心に響きます。ふわりと軽い手触り、この装丁のさりげない... 詳しく見る >


  • 「Spectator42号 新しい食堂」

    42号(2018年8月31日発売)の特集は「新しい食堂」。 移り変わりの激しい飲食業界。あのお店が無くなった!という現象は、私たちの日常にもよく起こる身近な出来事ではないでしょうか?中でも昔... 詳しく見る >


  • 「奇跡の本屋をつくりたい」久住邦晴

    「なぜだ?? 売れない文庫フェア」「中高生はこれを読め!」「ソクラテスのカフェ」……ユニークな企画を次々と生み出し、地元はもちろん、遠方からも愛された札幌・くすみ書房の店主。閉店後、病が発覚し、2... 詳しく見る >


もっとKUBRICKのおすすめを見る?

人気ランキング Ranking

もっと人気ランキングを見る

Go to top