福岡・けやき通り&箱崎の小さな本屋 ブックスキューブリックIndependent Small Bookstore in Fukuoka since 2001

おすすめ本・雑誌

『BOOK ARTS AND CRAFTS VOL.5 PROOFREADING 校正とは』

2020.11.29

「BOOK ARTS AND CRAFTS」は、本好きの有志によって構成される〈本づくり協会〉が発行する会報誌です。第5号の特集は「校正」。出版を裏で支える校正者の仕事に迫りま...

『ちゃぶ台vol.6 非常時代を明るく生きる』

2020.11.29

ミシマ社が年2回発行する、生活者のための総合マガジン『ちゃぶ台』。今回の特集は、「非常時代を明るく生きる」。益田ミリさんのエッセイ、土井善晴さんの論考など、盛りだくさんの内容と...

『エトセトラ vol.4 特集 女性運動とバックラッシュ』

2020.11.29

テーマは「女性運動とバックラッシュ」。日本における女性運動の歴史を辿るとともに、女性が声をあげる度に起こる「バックラッシュ」(揺り戻し)とは一体何なのかを考えます。責任編集は#...

『病と障害と、傍らにあった本。』齋藤陽道、頭木弘樹、岩崎航、三角みづ紀、田代一倫、和島香太郎、坂口恭平

2020.11.29

12人の当事者、介護者による、本と病と障害と、生きることにまつわる書き下ろしエッセイ集。病名や障害の名前ではひとくくりにできない、その実情。心身のつらさだけでなく、誰とも分かち...

BOOKUOKA2020 特製トートバッグができました!

2020.10.24

2020年のBOOKUOKAのためにつくった、特製トートバッグ。イラストは、長年『本の雑誌』で表紙と挿絵を担当する沢野ひとしさんに描いていただきました。本好きに馴染みが深い沢野...

『TRAVEL UNA No.2 Rice World Kyushu』

2020.09.12

九州初のトラベルマガジン、「TRAVEL UNA(トラベルユーナ)」の第2号。
UNAはUnited Native Acumenの頭文字。毎号テーマを決めて九州と...

『カフェから時代は創られる』飯田美樹

2020.09.12

2008年いなほ書房から部数限定で刊行され希少品となっていた『cafeから時代は創られる』。その増補改訂版が、カフェ「胡桃堂」の出版レーベル・クルミド出版から刊行されました。<...

『マムアンカレンダー2021』

2020.09.12

イラストレーター・タムくんが描く人気キャラクター、マムアンちゃんの2021年1月始まり・月替わりの卓上カレンダー。英語、タイ語、日本語でイラストに添えられたひとことがとてもいい...

『Liive-rally ZINE 2020年春、キチムにまつわる20人の記録』

2020.09.05

 

東京の吉祥寺にあるイベントスペース&カフェ「キチム」が不定期で発行しているペーパー「Liive- rally(ライブラリー)」の番外編。<...

『Standart Japan 13号』

2020.09.05

スペシャルティコーヒーの文化を伝えるインディペンデントマガジン「STANDART」。
13号の内容は、ペルーの生産者が直面している問題、ワールド・バリスタ・チャン...

『まぁまぁマガジン 23』

2020.09.05

まぁまぁマガジン、リニューアル後4年ぶりの最新号が入荷しました!

--

近年、宇宙マッサージで各界から絶大な人気を集める、宇宙LOVEアーティス...

『スナップショットは日記か? 森山大道の写真と日本の日記文学の伝統』カタリココ文庫

2020.09.05

作家の大竹昭子さんが企画するトーク&朗読イベント「カタリココ」から生まれた「カタリココ文庫」の散文シリーズ第2弾。『新潮』2020年7月号掲載の同名原稿に加え、写真家・森山大道さんへの最...

『Letter』皆川明

2020.08.29

ミナペルホネンのホームページに掲載されてきた、皆川明さんの言葉=「レター」464篇を収録した、手帖のような詩集。ボルドーの布の表紙や、箔押しがほどこされていたりと、ミナの洋服のように美しく仕立て...

『アルテリ 10号』

2020.08.29

自由な書き手のささやかな発信の場でありたいと思う気持ちが込められた、熊本発の文芸誌「アルテリ」の最新号。
谷川俊太郎さんが石牟礼道子さんの詩に応答した「空想の対詩」など、今号もそれ...

『IN/SECTS Vol.12 特集 大阪観光』

2020.08.29

大阪を拠点とし、数々のカルチャーを発信してきた編集部が"観光"に目線を変えて、この街ならではのヒト・モノ・コトをご紹介します。
新しいショップや頼もしいニュージェネレーションのご...

『murren vol.26 模様』

2020.08.01

「街と山のあいだ」をコンセプトに、身近な自然や山をテーマにした小冊子『ミューレン』。

今号の特集は「模様」です。
アフガニスタンのキリムの絨毯、...

『バウルを探して〈完全版〉』文/川内有緒、写真/中川彰

2020.07.18

元国連職員という異色の経歴を持つノンフィクションライター川内有緒さんの「バウルを探して」が入荷しました。2013年に発表され新田次郎文学賞を受賞した作品ですが、文庫化の後、品切れになっていたもの...

『樂 48号 長崎が奏でる音』

2020.07.04

毎度様々な角度から長崎の魅力を深く紹介するマガジン・樂の48号は、「音」の特集。浦上教会の鐘。長崎くんち。ペーロン祭り。月琴。長崎風鈴。石畳をこつこつと叩く靴音。土地や人々の記憶に結びついている...

『ボッティチェリ 疫病の時代の寓話』バリー・ユアグロー著、柴田元幸訳

2020.07.04

アメリカ在住の作家バリー・ユアグローが、ロックダウン下のニューヨークで「正気を保つため」に書いたという12の寓話。それを、翻訳家の柴田元幸さんがほぼリアルタイムで訳されました。この小さな冊子に、...

『わかりやすい民藝』高木崇雄

2020.07.04

福岡のけやき通りに佇む工芸店「工藝風向」の店主、高木崇雄さんの著書がD&DEPARTMENTから刊行されました。「民藝」とは何かを「今、ここ」から改めて読み解く一冊。装丁には柳宗悦にゆか...

Go to top