福岡・けやき通り&箱崎の小さな本屋 ブックスキューブリックIndependent Small Bookstore in Fukuoka since 2001

おすすめ本・雑誌

「おおきなかぶ」青幻舎

2017.04.19
「おおきなかぶ」青幻舎

 童話「おおきなかぶ」が大きな絵本になりました。広げるとなんと2メートルを越えるサイズ!大きく描かれたかぶの上に立ったり寝転んだりと、物語のスケール感を体感できる体験型絵本です。破れにくく水に...

「文鳥・夢十夜」夏目漱石

2017.04.16

〔激オシ文庫フェア in BK 推薦書籍〕

「置き忘れた記憶を、漱石が拾って書きつけてくれたのではないかと錯覚する程の、流れ込んでくる情景のみずみずしさ。」

推薦...

「雨ニモマケズ」宮沢賢治・作 柚木沙弥郎・絵

2017.04.09

 宮沢賢治の有名な作品「雨ニモマケズ」に画家で染色家の柚木沙弥郎さんが絵を添えました。「雨ニモマケズ」は、賢治が人に見せるために書いた作品ではなく、手帖に書きとめていた「祈り」のことばともいわれ...

「ちよう、はたり」志村ふくみ

2017.03.31

〔激オシ文庫フェア in BK 推薦書籍〕

「いのちの色を慈しみ、糸を紡ぐような人になりたい。自然と渾然一体となり、自らが受け取った智慧や哲学を後生へ継ぐような人に。」

...

「MONKEY vol.11」

2017.02.26

 翻訳家・柴田元幸さん責任編集「MONKEY」の最新号です。特集は「ともだちがいない!」。ともだちがいなかったり、見つかったり失われたりする話が詰まった特集ですが、柴田さんご自身も「ともだちのい...

「夢のなかの夢」タブッキ

2017.02.22

〔激オシ文庫フェア in BK 推薦書籍〕

「夢、現、幻、、この、でっち上げの夢の物語はなににあたるのだろう。境界のそこかしこに、柔らかな裂け目。」

推薦人:GROU/服...

「たしなみについて」白洲正子

2017.02.15

 当店でもロングセラーとして多くの方に読み続けられている白洲正子さんの「たしなみについて」が文庫化されました。1948年に発表されたエッセイ6編を収録しています。書籍タイトルにもなっている「たし...

「丸かじり劇場メモリアルBOX 」東海林さだお

2017.02.11
「丸かじり劇場メモリアルBOX 」東海林さだお

〔激オシ文庫フェア in BK 推薦書籍〕

「物書きとして、ぼくの文章の先生はチャンドラー、レヴィ=ストロース、そして東海林さだお大先生だ。」

推薦人:元木 哲三(ライタ...

「つるとはな」第4号

2017.02.03

 「人生の先輩に聞く」がテーマの雑誌「つるとはな」第4号です。
 今号では海を飛び越えイギリスで“卓球”の取材を行っています。リオ五輪で日本人選手も活躍し再注目集めている卓球ですが、...

「人間の土地」サン=テグジュペリ/著 堀口大學/訳

2017.01.19

〔激オシ文庫フェア in BK 推薦書籍〕

「命懸けでしか見えない圧倒的な夜空に覆われた本。それをみたくて独立したし、いまもなお追い求めている。カモシカも出てきます。」

...

「心が見えてくるまで」早川義夫

2017.01.13

〔激オシ文庫フェア in BK 推薦書籍〕

「早川義夫さんの歌『この世でいちばんキレイなもの』を聴くと、ワタシは何度でも泣いてしまう。そんな本です。」

推薦人:高倉美恵(...

「仕事文脈 vol.9」

2016.12.30

 仕事にまつわるあれこれをとりあげるリトルマガジン『仕事文脈』。最新号の特集は「ごはんと仕事」です。まず最初に「自分がさばいて食べようと思っていたニワトリに名前をつけて、二年くらい一緒に暮してい...

「Le zip」Maika Loubté

2016.12.27
「Le zip」Maika Loubté

 日仏ハーフの女性シンガー、マイカ・ルブテのニューアルバム「Le zip」。
作詞、作曲、歌、演奏、録音のほとんどを自ら手掛けており、今作はクリエイターたちとのコラボレーションによるA...

「文鳥文庫」第三弾

2016.12.08

 16ページ以下の短い作品を8話ずつセットにした「文鳥文庫」の第三弾が出ました。
 ラインナップは江戸川乱歩、乙一、N・ホーソーン(柴田元幸訳)、泉鏡花、村上春樹、芥川龍之介、中島敦、...

「東京」「京都」本城直季

2016.11.27

 風景をミニチュアのように捉えた写真で人気の写真家・本城直季さんの写真集が2冊同時期に刊行されました。京都と東京の風景を空撮した写真集で、表紙の写真からもわかるように、現実の様子を...

「落下する夕方」 江国香織

2016.11.25
「落下する夕方」 江国香織

〔激オシ文庫フェア in BK 推薦書籍〕

「前に進むことも後戻りすることもできない、頭ではわかっていても心がついていかない、そんな物語に共感。」

推薦人:...

「工芸青花6号」

2016.11.18

 「工芸青花」は、『芸術新潮』『とんぼの本』などの編集を手掛けてきた編集者、菅野康晴さんが新たに立ち上げた「工芸」の雑誌です。

 内容はおもに骨董、工芸、建築で、鑑賞のための本づくり...

「十八歳」谷川俊太郎/著 沢野ひとし/著

2016.11.09
「十八歳」谷川俊太郎/著 沢野ひとし/著

〔激オシ文庫フェア in BK 推薦書籍〕

「十八歳でこの詩集に出会い、衝撃を受けた。何度も繰り返し読んでいる。」

推薦人:田中千智(画家)

集英社 411円...

「季刊25時」

2016.11.06
「季刊25時」

 
 松尾貴史さん、須田泰成さん(放送作家)、西林初秋さん(コピーライター)共同編集のリトルプレス『季刊25時』入荷しました。 今日でもなく、明日でもなく、一日の終わりであり、一日の始まりで...

「らく 楽 33号」

2016.11.01
「らく 楽 33号」

 「長崎を知る、遊ぶ」をテーマにした雑誌『らく』の最新号です。特集は「長崎の建物 木造建築編」。長崎最後の高級純和風建築といわれる釘を一本も使わずに建てられた諏訪荘や、長崎の町屋文化、長崎から遠...

Go to top