福岡・けやき通り & 箱崎の小さな本屋

Independent Small Bookstore in Fukuoka since 2001

商品のご紹介

『老後とピアノ』稲垣えみ子

2022.07.07
『老後とピアノ』稲垣えみ子

朝日新聞を退職後、老後を目前に40年ぶりのピアノを再開された稲垣さんの「いま」を楽しんで生きるエッセイ集。

家にピアノが無い為営業時間外の喫茶店へ行き、そこのピアノで毎日欠かさず2時間の練習をし、悪戦苦闘しながらも何かに夢中になる素晴らしさが描かれています。

『書こうとしない「かく」教室』いしいしんじ

2022.07.01
『書こうとしない「かく」教室』いしいしんじ

作家のいしいしんじさんが「かく」ことについて初めて語った一冊。ミシマ社主催のオンラインイベント「MSLive!」での講座が再構成され本になりました。

デビュー作『アムステルダムの犬』を書いた東京から、三崎、松本、そして京都へと移り住んできたいしいさん。...

『ジンセイハ、オンガクデアル LIFE IS MUSIC』ブレイディみかこ

2022.06.30
『ジンセイハ、オンガクデアル LIFE IS MUSIC』ブレイディみかこ

福岡市出身で、1996年より英国ブライトン在住、2019年刊行の『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』(新潮社)が大ヒットしたライター・コラムニストのブレイディみかこさん。

その初期作品で、保育士時代に書かれた『アナキズム・イン・ザ・UK 壊れた英国とパンク保育士奮闘記』(Pヴァイン,2013)...

『ロバート・ツルッパゲとの対話』ワタナベアニ

2022.06.30
『ロバート・ツルッパゲとの対話』ワタナベアニ

国内外で活躍を続ける写真家・アートディレクターのワタナベアニさんによる初著書。

「幼稚な大人」である私たちが、常日頃いかに常識に囚われ、誰かが作ったルールに縛られ、思い込みで物事を判断しているか、ということを思い知らされる一冊です。

ソクラテスを「ソクやん」と呼んだっていい...

『風をこぐ To Row the Wind』橋本貴雄

2022.06.25
『風をこぐ To Row the Wind』橋本貴雄

日本とベルリンを拠点に活動する写真家・橋本貴雄さんが、路上で保護し共に暮らした犬との12年間を記録した写真+エッセイ集。
橋本さんが福岡の路上で倒れていた野良犬を保護し、「フウ」と名付けた 2005 年から、共に暮らした大阪、東京、そし て移住先ベルリンでフウが亡くなる 2019年までの写真 261点と、書き下...

『本屋という仕事』三砂慶明〔編〕

2022.06.18
『本屋という仕事』三砂慶明〔編〕

本と人とをつなげる「読書室」主宰で、梅田 蔦屋書店で人文コンシェルジュを務める書店員でもある三砂さんが、コロナ禍で一変した生活様式の中で本屋の仕事を見つめ直し、今までとこれからの間の変化を探った企画が一冊になりました。 

※7/2(土)は箱崎店にてトークイベント開催!
詳細は他のページに記載しています。...

『ローカルクリエーター これからの地方をつくるのは「きみたち」だ』スタブロブックス

2022.06.11
『ローカルクリエーター これからの地方をつくるのは「きみたち」だ』スタブロブックス

地方を拠点に都市部との垣根を越えたクリエイティブワークで付加価値を生み、得た利益を地元に還元する、ウィズコロナ、アフターコロナ時代の新しい働き方、暮らし方とは。

 

【編著者】
スタブロブックス株式会社
兵庫県加東市のひとり出版社。...

『すべての月、すべての年 ルシア・ベルリン作品集』ルシア・ベルリン (著), 岸本 佐知子 (翻訳)

2022.06.04
『すべての月、すべての年 ルシア・ベルリン作品集』ルシア・ベルリン (著), 岸本 佐知子 (翻訳)

ロングセラー『掃除婦のための手引き書』のルシア・ベルリン、待望の新邦訳作品集。

『掃除婦のための手引き書』の底本である短編集 A Manual for Cleaning Women より、同書に収録しきれなかった19編を収録。

〈収録作品〉
虎に噛まれて/エル...

『掃除婦のための手引き書 ルシア・ベルリン作品集』ルシア・ベルリン (著), 岸本 佐知子 (翻訳)

2022.06.04
『掃除婦のための手引き書 ルシア・ベルリン作品集』ルシア・ベルリン (著), 岸本 佐知子 (翻訳)

2004年の逝去から10年を経て、2015年、短篇集A Manual for Cleaning Womenが出版されると同書はたちまちベストセラーとなり、The New York Times Book Reviewはじめ、その年の多くのメディアのベスト本リストに選ばれました。これを底本とした邦訳版には、岸本佐知子がよりすぐった24篇...

『This 創刊号 レースは語る。』

2022.06.02
『This  創刊号  レースは語る。』

 レースは母から子、子から孫へと継がれるもの。連なる想いが受け継がれてゆく厳粛な時間の流れでもあります。
 繊細なレースを丁寧に扱うように、自然と連なりながら暮らすための、読む人にも地球にも優しい冊子を作りたいという思いで創刊されました。
 文・写真はファッション誌『PLEASE』を手がける北原徹さん。<...

『ちゃぶ台9 特集:書店、再び共有地』

2022.05.27
『ちゃぶ台9 特集:書店、再び共有地』

半年に一度発行されている、生活者のための総合雑誌「ちゃぶ台」。
今年の2月に発刊された平川克美さんの『共有地をつくる』を足がかりに町の本屋さんを取材。
書店、本屋という場の新たな可能性は何か。
ここでしか読めない生活者の言葉が詰まった一冊です。

◎特集対談

『編集の提案』津野海太郎

2022.05.21
『編集の提案』津野海太郎

晶文社での活動をはじめ出版文化の重要人物でありつづけ、テント演劇の時代からコンピュータの世紀までを駆け抜けてきた著者による、過去を携え、現在と共に呼吸し、未来を見すえる編集論集。

著者の津野さんは1938年福岡県生まれ。評論家・元編集者。早稲田大学文学部を卒業後、演劇と出版の両分野で活動。晶文社取締役や...

『Essential わたしの#stayhome日記 2021-2022』今日マチ子

2022.05.18
『Essential わたしの#stayhome日記 2021-2022』今日マチ子

2020年4月の緊急事態宣言以降、ソーシャルディスタンスが当たり前になっていく人々の様子、街の様子を、丁寧に、静かに描き続けている今日マチ子さんの「#stayhome」シリーズ第2弾。

シリーズ第1弾「Distance」に続く「Essential」には、2021年4月から2022年4月までのイラスト日記...

『火星の生活 誠光社の雑所得2015-2022』堀部篤史

2022.05.18
『火星の生活 誠光社の雑所得2015-2022』堀部篤史

京都市上京区にある街の本屋『誠光社』。
著者の堀部さんは、本好きが集う恵文社一乗寺店に約20年勤めた後、2015年に独立しこのお店をオープン。著書も多数で、雑誌の連載、執筆活動も行われています。
本書は、堀部さんが独立開業してから今までに寄稿したテキストや講演の文字起こしに大幅に加筆修正を加えたカルチャー...

『覚醒のネットワーク』上田紀行

2022.05.14
『覚醒のネットワーク』上田紀行

東京工業大学教授・リベラルアーツ研究教育院長である上田紀行さんの処女作が復刊!

 

同調圧力に囚われず自らの頭で考えることが必要とされる現代において、読み手をポジティブにし、力を引き出してくれる一冊です。

KTC中央出版 アノニマスタジオ1650円

『14歳からの哲学 考えるための教科書』池田晶子

2022.05.12
『14歳からの哲学 考えるための教科書』池田晶子

読書感想文の定番,中高大学入試にも頻出の必読書。
年代を超えて読み継がれる著者の代表作。
プレゼントにも最適な「考える」読書です。

人には14歳以後、一度は考えておかなければならないことがある。  言葉、自分とは何か、死、心、他人、家族、社会、理想と現実、友情と愛情、恋愛と性...

『手づくりのアジール 「土着の知」が生まれるところ』青木真兵

2022.05.11
『手づくりのアジール 「土着の知」が生まれるところ』青木真兵


都市から山村へ移住して人文系私設図書館「ルチャ・リブロ」を主宰し、研究者でもある著者と、志を同じくする若手研究者たちによる対話の記録。

市場原理主義や、社会に浸透する高度なテクノロジーによる管理化に飲み込まれず、地に足がついたまっとうな生き方をするためには、社会のなかでの「アジール(避難...

『文学ムック ことばと vol.5 特集:ことばとわたし』

2022.04.30
『文学ムック ことばと vol.5 特集:ことばとわたし』

福岡の出版社・書肆侃侃房が2020年春に創刊した文学ムックの第5弾。

日本の文学で「私小説」と呼ばれているジャンルについて掘り下げます。

小説を書く私、小説に書かれる私、読む私、読まれる私、語る私、語られる私__。

「ある意味で、すべての小説は何らかの意味で“私(の)小説”なのだと思い...

『教育鼎談 子どもたちの未来のために』内田 樹,寺脇 研,前川喜平

2022.04.29
『教育鼎談 子どもたちの未来のために』内田 樹,寺脇 研,前川喜平

未来の世代に、どのような教育を手渡すべきか――
なぜ学校は変わらないのか、ゆとり教育で学力は低下したのか、不登校をなくすためには?
学びの現場、行政の現場で昭和・平成の教育と向き合った3人が、未来が求める教育を説く「開眼の書」。

以下、まえがきより

『nice things.issue68 扉を開けたいお店』

2022.04.27
『nice things.issue68 扉を開けたいお店』

誌面に登場する景色やそこで生きる人たちの言葉が、ふと自分の中に眠っていた想いの扉をノックする。情報ではなく、そんな「気づき」と出会えるマガジン「nice things.」の最新号。

今回のテーマは「扉を開けたいお店」。nice thingsで最も長く最も多く特集されてきた企画です。
新...