福岡・けやき通り&箱崎の小さな本屋 ブックスキューブリックIndependent Small Bookstore in Fukuoka since 2001

【開催中】11/6(火)-12/2(日)大塚いちお『かたちのえほん』原画展

 

ブックスキューブリック箱崎店では、イラストレーター・アートディレクターの大塚いちおさんが手がけた絵本『かたちのえほん』の原画展を開催します。

最近では、NHK 連続テレビ小説「半分、青い。」のオープニング映像のイラストを手掛けた大塚さん。前作の「もののえほん」(福音館書店刊行)シリーズに続き、『かたちのえほん まる さんかく しかく』(福音館書店刊行)が2017年に発売されました。

その『かたちのえほん』の原画作品を約20点展示するほか、ジークレー印刷によるシンプルな「まる さんかく しかく」の複写作品を展示販売します。

印刷では再現されなかった筆の跡や絵の具の色合い、原画の迫力を直に観ることのできるチャンスです。「まる」や「さんかく」、「しかく」の様々なもののカタチをぜひ原画でご覧ください。

 

大塚いちお『かたちのえほん』原画展

会期:2018年11月6日(火)~12月2日(日)
   11時~18時(月曜定休)*入場無料
会場:カフェ&ギャラリー・キューブリック
住所:福岡市東区箱崎1-5-14ブックスキューブリック箱崎店2F
(JR箱崎駅西口から博多駅方面に徒歩1分)

 

大塚いちお

イラストレーター・アートディレクター

1968年新潟県上越市生まれ。 イラストレーターとして、広告やパッケージ、出版など数多くの仕事をこなし、 アートディレクターとして、広告や、テレビ番組のキャラクターデザイン・衣装・セット・タイトルロゴなど番組全体のデザインに携わる。 担当番組にNHK Eテレ「みいつけた!」など。Jリーグ川崎フロンターレのファミリーアートディレクターとして、 グッズやイベント関係のデザインを担当し、2015年シーズンユニフォームをデザイン。最近のイラスト仕事しては、NHK 連続テレビ小説「半分、青い。」オープニング映像のイラストを担当。絵本に『もののえほん』(福音館書店刊行)、是枝裕和映画監督との共著『クーナ』、作品集に『MAGIC!―illustration book,ICHIO Otsuka’s』など。http://ichiootsuka.com

 

『かたちのえほん まる さんかく しかく』

福音館書店 2700円+税

「もの」には「なまえ」だけでなく「かたち」という属性もあるということに子供たちが気づくことで、外の世界で本物に目を向けるきっかけになってくれると嬉しいです。身の回りにある丸いもの、三角のもの、四角いものを集め、見た目にも楽しい絵本です。

Go to top