福岡・けやき通り&箱崎の小さな本屋 ブックスキューブリックIndependent Small Bookstore in Fukuoka since 2001

【終了】3/2(金)「福岡市が地方最強の都市になった理由」刊行記念 木下斉さんトークショー

*2/21トークイベントは満席となりました!

 「稼ぐまちが地方を変える」「地方創生大全」「まちで闘う方法論」などの著書で知られ、まちビジネス事業家として各地の地域活性化事業やまちづくりの実践で注目を集める木下斉さん。豊富なキャリアと緻密な分析によって、日本におけるまちづくりの補助金依存と非成果主義に警鐘を鳴らし、「経営によるまちづくり」をテーマに活躍を続けられています。

 そんな木下さんの最新刊「福岡市が地方最強の都市になった理由」(PHP研究所)が2月中旬に刊行されます。本書では、福岡市の歴史とデータを読み解き、都市経営の視点で徹底分析。他都市にも応用できる、都市経営のあり方を提示する1冊です。こちらの刊行記念トークショーをブックスキューブリック箱崎店で開催します。

 トークのお相手は、昨年箱崎店で「福岡・博多ビギナーズ講座」を開いていただいた西山健太郎さん。福岡の歴史、文化を熟知し、福岡市の職員としてまちづくりにも関わってきた西山さんと共に、本書の内容をさらに深めていきます。

 まちづくりに関心のある方は必聴のトークです!!奮ってご参加ください。

 

「福岡市が地方最強の都市になった理由」刊行記念
木下斉さんトークショー 

日時:2018年3月2日 (金) 19:00スタート(18:00開場)
会場:カフェ&ギャラリー・キューブリック
(ブックスキューブリック箱崎店2F・福岡市東区箱崎1-5-14
JR箱崎駅西口から博多駅方面に徒歩1分)
出 演:木下斉
聞き手:西山健太郎
   大井実(ブックスキューブリック)
参加費:2000円(1ドリンク付・要予約)
*終演後にサイン会有り
*懇親会有り(参加費1500円・カレーと2ドリンク付・要予約)
*18時~19時 開演前にカフェの食事メニューをご利用いただけます。 

予約先:①メールでお申し込み *2/21満席になりましたので受付は終了しました。
hakozaki@bookskubrick.jpまで、件名を「3/2トーク予約」として
[1.お名前、2.参加人数、3.ご連絡先電話番号 4.懇親会参加有無]
をご記入の上お申込みください。
当店からの予約確認メールをもってお申し込み完了といたします。
※返信がない場合はお電話にてお問合せください。

②peatixというサービスからも簡単に予約が可能です。
こちらの「チケットを申込む」ボタンからお申込ください。
参加費は当日受付でお支払いくださいますようお願いいたします。

 

 

「福岡市が地方最強の都市になった理由」

木下斉 著 PHP研究所 1,600円+税

地域活性のプロが"福岡市"の都市戦略を超分析!!

いま、地方のなかでもとりわけ盛り上がりを見せる「福岡市」―― 。かつて、他都市に大きくおくれをとっていた街が、なぜ「最も住みやすい都市」「超個性的な都市」として注目を集めているのか?その原点となる戦略や、先人たちの挑戦を探ると、数々の「常識破り」な打ち手が浮き彫りになった!著者による徹底取材のもと、「人」も「お金」も引き寄せる異彩の都市・福岡市の「都市競争力」に迫る。そして、これからの地方が生き残るためのヒントを見出す!

福岡市が「日本五大都市」の仲間入りを果たす!/「常識破りのまちづくり」/驚くべき「素早い撤退戦略」/競争と協調で発展する/民間主導がまちを強くする/福岡市を本気で変えた5人の「覚悟」/他

 

木下斉(きのした・ひとし)

一般社団法人エリア・イノベーション・アライアンス代表理事。1982年、東京都生まれ。2005年、早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。一橋大学大学院商学研究科修士課程修了。東洋経済オンライン、プレジデントオンラインにて掲載中。

 

西山健太郎(にしやま・けんたろう)

1978年福岡市生まれ。2002年福岡市役所入庁。2017年2月、樋口一幸氏(Bar Higuchi店主、ウイスキートーク福岡・実行委員長)とともに非営利団体「福博ツナグ文藝社」を設立。独自の切り口で福岡の飲食文化や芸術文化に関する情報発信を行うほか、写真コラム「福岡風景/Fukuoka View」をリビング福岡ウェブサイトにて連載中。

Go to top