福岡・けやき通り&箱崎の小さな本屋 ブックスキューブリックIndependent Small Bookstore in Fukuoka since 2001

4/19(火)ミシマ社代表・三島邦弘さんのトーク&懇親会を開催します。

mishimasha_books.jpg

 一冊入魂で数々の話題書を世に送り出し、読者にも書店にも多くのファンを持つ出版社・ミシマ社。今年で創業10周年という節目の年を迎える同社の代表・三島邦弘さんを福岡にお迎えし、ブックスキューブリック箱崎店でトークイベントと懇親会を開催いたします。

 イベントの【第1部】は、今年15周年という節目を同じく迎えようとしている当店の店主が聞き手をつとめるトークイベント。そしてそのあとの【第2部】では三島さんを囲んで懇親会を行います。

 "100ページ前後の読み切れる文量"で"スマホより軽く"、"新たな著者のデビューも応援する"という盛り沢山な『コーヒーと一冊』シリーズや、台割を決めずに作り上げた"雑誌"の『ちゃぶ台』など、実験的な試みで紙の本の可能性を探り続けているミシマ社。巷でささやかれているよりも、はるかに自由で面白い出版の未来がそこにはあるような気がします。当日は三島さんと一緒に、これからの本づくりや本の届け方について、「こんなこともできる」「こうだったら面白いかも」・・・それぞれの立場から思いを巡らせてみませんか。

 出版社、書店など本を届ける仕事に関わる方、そして読者の方も、本を愛する多くの皆さんのご参加をお待ちしております。

*第2部からの参加も歓迎ですので、仕事を終えた書店員さんもぜひお越しください!

【第1部】 三島邦弘×大井実トークショー
「これから、本の世界はもっともっと面白くなる!」
日時:4月19日(火)19:00スタート(18:30開場)
会場:カフェ&ギャラリー・キューブリック
(ブックスキューブリック箱崎店2F・福岡市東区箱崎1-5-14
JR箱崎駅西口から博多駅方面に徒歩1分)
入場料:500円(ワンドリンク付・要予約)
出演:三島邦弘(ミシマ社)、大井実(聞き手・ブックスキューブリック店主)

【第2部】 懇親会
第1部の終了後、お食事とドリンクをカフェでご用意して、三島さんを囲んでの懇親会を開催します。

参加費:2500円(軽食とドリンク付・要予約)
※時間は21時頃スタートを予定しています。

予約先:①メールでお申し込み
hakozaki@bookskubrick.jpまで、
[1.お名前、2.参加人数、3.ご連絡先電話番号 4.参加を希望する部「第1部のみ」「第2部のみ」「両方」]をご記入の上お申込みください。
当店からの予約確認メールをもってお申し込み完了といたします。
※返信がない場合はお電話にてお問合せください。

②peatixというサービスからも簡単に予約が可能です。
こちらの「チケットを申込む」ボタンからお申込ください。
参加費は当日受付でお支払いくださいますようお願いいたします。

三島邦弘(みしま・くにひろ)さんプロフィール

mishimakunihiro_photo.jpg

1975年京都生まれ。出版社2社で、単行本の編集を経験したのち、2006年10月、単身で株式会社ミシマ社を東京・自由が丘に設立。2011年に京都府城陽市にも拠点をつくり、2013年にその拠点を京都市に移す。「原点回帰」を標榜した出版活動をおこなっている。内田樹「街場」シリーズ、平川克美『小商いのすすめ』、西村佳哲『いま、地方で生きるということ』、絵本『はやくはやくっていわないで』(作・益田ミリ、絵・平澤一平)などを編集。著書に『計画と無計画のあいだ』(河出書房新社)、『失われた感覚を求めて』(朝日新聞出版)がある。

▽ミシマ社HP http://www.mishimasha.com/

Go to top