福岡・けやき通り&箱崎の小さな本屋 ブックスキューブリックIndependent Small Bookstore in Fukuoka since 2001

【終了】6/10(月)「エトセトラ」創刊記念! 〜福岡フェミナイトVOL.1〜 北原みのり✕田房永子トークショー

 韓国の小説『82年生まれ、キム・ジヨン』がベストセラーになり、欧米のセレブたちがこぞって#MeToo運動をはじめるなど、近頃、盛り上がっているらしい〈フェミニズム〉。でも、フェミニズムってそもそも一体なんだろう? 

 この5月、日本でも、身近なテーマから〈フェミニズム〉を考える雑誌、「エトセトラ」が創刊されました。毎回、新しい女性クリエーターが責任編集をつとめ、いま一番伝えたいテーマを特集するフェミマガジンです。
 創刊号は、『母がしんどい』『ママだって、人間』などで人気の漫画家・田房永子さんが責任編集をつとめ、「コンビニからエロ本がなくなる日」を特集します。
 今年のはじめに、主要大手コンビニチェーンが、この8月末までに「成人向け雑誌」の販売を中止することを発表しました。私たちの生活必需品を売る、とても身近な場所であるコンビニに、これまでなぜ「エロ本」があったのか? 瀧波ユカリさん、武田砂鉄さん、小川たまかさんなど作家やエッセイストからの寄稿他、コンビニチェーン各社へのアンケート、そして一般投稿者からの多数の熱い意見も掲載、賛否両論60人が入り乱れて、まさに「考えるきっかけ」となる内容です。発売一週間で売り切れ店続出、即増刷も決定したという、いまもっとも話題のマガジンです。

 この「エトセトラ」創刊を記念して、トークイベントを開催します。「エトセトラ」責任編集の田房永子さんと、フェミニズム視点で女性のためのセックストーイショップ、ラブピースクラブを主宰しており、「エトセトラ」にも寄稿している作家の北原みのりさん。このおふたりと一緒に、「コンビニのエロ本」に限らず、家庭や仕事の日常でちょっとモヤモヤしてしまうあれこれなど、身近なテーマから、みんなでフェミニズム考えてみませんか。

身近なテーマから〈フェミニズム〉を考えるフェミマガジン
「エトセトラ」(エトセトラブックス)創刊記念!
〜福岡フェミナイトVOL.1〜
北原みのり✕田房永子トークショー

日 時:2019年6月10日(月)19:00スタート(18:00開場)
会 場:カフェ&ギャラリー・キューブリック
    (ブックスキューブリック箱崎店2F・福岡市東区箱崎1-5-14
     JR箱崎駅西口から博多駅方面に徒歩1分)
出 演:北原みのり(作家)、田房永子(漫画家、エッセイスト)
参加費:2500円(1ドリンク付・要予約)

*終演後にサイン会有り
*懇親会有り(参加費1500円・カレーとドリンク付・要予約)
*18時~19時 開演前にカフェの食事メニューをご利用いただけます。
*当日は定休日ですが、イベントのみ開催いたします。

【プロフィール】
北原みのり きたはら・みのり
1970年生まれ。作家。96年に、フェミニズムの視点でセックス・トーイショップ「ラブピースクラブ」を設立。以後、著書に、木嶋佳苗の裁判をレポートした『毒婦。』(講談社文庫)、普通の主婦が愛国化する現象を考察した『奥さまは愛国』(朴順梨との共著/河出書房新社)など多数。責任編集に、日本のフェミニズム運動の歴史をわかりやすく解説する『日本のフェミニズム』(河出書房新社)がある。

田房永子 たぶさ・えいこ
1978年東京都生まれ。漫画家、エッセイスト。2001年第3回アックスマンガ新人賞佳作受賞。母からの過干渉の苦しみと葛藤を描いたコミックエッセイ『母がしんどい』(KADOKAWA中経)を12年に刊行、ベストセラーとなる。他の著書に、男性中心社会での女性の苦しみにピントを当てた『ママだって、人間』(河出書房新社)、『他人のセックスを見ながら考えた』(ちくま文庫)など。

予約先:

①メールでお申し込み
hakozaki@bookskubrick.jpまで、件名を「6/10トーク予約」とし、
[1.お名前、2.参加人数、3.ご連絡先電話番号]
をご記入の上お申込みください。
当店からの予約確認メールをもってお申し込み完了といたします。
※返信がない場合はお電話にてお問合せください。(092-645-0630

②peatixというサービスからも簡単に予約が可能です。
こちらの「チケットを申込む」ボタンからお申込ください。
参加費は当日受付でお支払いくださいますようお願いいたします。

 

Go to top