福岡・けやき通り&箱崎の小さな本屋 ブックスキューブリックIndependent Small Bookstore in Fukuoka since 2001

【終了】6/14(金)「わたしの すきな もの」発売記念!  福岡伸一トークショー

 
 生物学者で青山学院大学教授の福岡伸一さんの新刊『わたしのすきなもの』の発売を記念したトークショーを6月14日に箱崎店で開催します。
 80万部を超えるベストセラーとなった『生物と無生物のあいだ』など、“生命とは何か”を動的平衡論から
問い直した著作を数多く発表。生物の驚異的な仕組みを一般の人々にも分りやすく伝える様々な活動で広く知られています。
 また、大のフェルメール好きとしても有名で、著作も発表したほか、最新のデジタル印刷技術によってリ・クリエイト(再創造)したフェルメール全作品を展示する「フェルメール・センター銀座」の監修および、館長もつとめられました。

 新刊『わたしの すきな もの』は、『婦人之友』2016年1月号~2018年10月号に連載された中から33篇と対談を加筆・修正したものに、書き下ろしを加えたもの。少年時代から現在までご自身を育み、励まし、守ってくれたものの数々を愛情深く紹介したエッセイ集です。

 ぜひ、この貴重な機会に福岡ハカセの世界にふれてみてください。

「わたしの すきな  もの」発売記念
福岡伸一トークショー

日時:2019年6月14日(金)19:00
    (18:00開場)

会場:カフェ&ギャラリー・キューブリック
   (ブックスキューブリック箱崎店2F
   ・福岡市東区箱崎1-5-14
   ・JR箱崎駅西口から博多駅方面に
    徒歩1分)

出演:福岡伸一
聞き手:大井実(ブックスキューブリック)
参加費:2500円(1ドリンク付・要予約)
*終演後にサイン会有り
*18時~19時 開演前にカフェの食事メニューをご利用いただけます。

【プロフィール】
福岡伸一(ふくおか しんいち)
 生物学者。1959年東京生まれ。京都大学卒。米国ハーバード大学医学部博士研究員、京都大学助教授などを経て青山学院大学教授・米国ロックフェラー大学客員教授。サントリー学芸賞を受賞し、80万部を超えるベストセラーとなった『生物と無生物のあいだ』(講談社現代新書)、『動的平衡』(木楽舎)など、“生命とは何か”を動的平衡論から問い直した著作を数多く発表。ほかに『世界は分けてもわからない』(講談社現代新書)、『できそこないの男たち』(光文社新書)、『生命の逆襲』(朝日新聞出版)、『せいめいのはなし』(新潮社)、『変わらないために変わり続ける』(文藝春秋)、『福岡ハカセの本棚』(メディアファクトリー)、『福岡伸一、西田哲学を読む―生命をめぐる思索の旅 動的平衡と絶対矛盾的自己同一』(明石書店)など。対談集に『動的平衡ダイアローグ』(木楽舎)『センス・オブ・ワンダーを探して』(だいわ文庫)、翻訳に『ドリトル先生航海記』(新潮社)『生命に部分はない』(講談社現代新書)『ダーヴィンの「種の起源」 はじめての進化論』(岩波書店)などがある。近刊に『ナチュラリスト――生命を愛でる人』(新潮社)
 
また、大のフェルメール好きとしても知られ、世界中に散らばるフェルメールの全作品を巡った旅の紀行『フェルメール 光の王国』(木楽舎)、さらに最新刊として『フェルメール 隠された次元』(木楽舎)を上梓。最新のデジタル印刷技術によってリ・クリエイト(再創造)したフェルメール全作品を展示する「フェルメール・センター銀座」の監修および、館長もつとめた。
 2015年11月からは、読書のあり方を問い直す「福岡伸一の知恵の学校」をスタートさせ、校長をつとめている。

 

※定員に達しましたので、受付を終了いたしました。

予約先:
①メールでお申し込み

hakozaki@bookskubrick.jpまで、件名を「6/14トーク予約」とし、
[1.お名前、2.参加人数、3.ご連絡先電話番号]
をご記入の上お申込みください。
当店からの予約確認メールをもってお申し込み完了といたします。
※返信がない場合はお電話にてお問合せください。(092-645-0630)

②peatixというサービスからも簡単に予約が可能です。

こちらの「チケットを申込む」ボタンからお申込ください。
参加費は当日受付でお支払いくださいますようお願いいたします。

Go to top