福岡・けやき通り&箱崎の小さな本屋 ブックスキューブリックIndependent Small Bookstore in Fukuoka since 2001

【終了】5/19(日)夏野雨「明け方の狙撃手」発売記念イベント

 

夏野雨『明け方の狙撃手』発売記念イベント

2019年5月19日(日)

19:00~START

出 演:夏野 雨 

司 会:渡辺 玄英

聞き手:藤井 一乃

 

日 時:2019年5月19日(日)19:00スタート(18:30開場)
会 場:カフェ&ギャラリー・キューブリック
(ブックスキューブリック箱崎店2F・福岡市東区箱崎1-5-14
JR箱崎駅西口から博多駅方面に徒歩1分)

参加費:1500円(1ドリンク付・要予約)
※終演後に懇親会あり(参加費1500円・カレーと2ドリンク付・要予約)
※18時~19時 開演前にカフェの軽食メニューをご利用いただけます。

 

夏野雨さんの詩集『明け方の狙撃手』(思潮社)刊行を記念して、トークセッションを開催します。
たったひとりの、そしてすべての冒険者たちに捧げる夜。
ぜひ足をお運びください!

【明け方の狙撃手/夏野雨 著 装幀=カニエ・ナハ】たったひとりの、そしてすべての、日本語話者におくる冒険の書(ファンタジー)!

「『明け方の狙撃手』はつまりはひとつのインデックスということになる。そしてそうであることによって規定せずに世界を記述するという破格のことを成し遂げている」(西崎憲)

「時間の層は両方向に伸びているから、淡いひかりの届くその先で、夏野さんはあたらしい風景を切りひらいて見せようとしている」(川口晴美)

「君は「うまれた家の軒下に転がる石のようにさみしい」(「王冠」)としても、そこから君にしかみえない世界をみつめています」(甲斐博和)。

 

★お申込み方法★
①メールでお申し込み
hakozaki@bookskubrick.jpまで、件名を「5/19トーク予約」とし、
[1.お名前、2.参加人数、3.ご連絡先電話番号 4.懇親会参加有無]
をご記入の上お申込みください。
当店からの予約確認メールをもってお申し込み完了といたします。
※返信がない場合はお電話にてお問合せください。(092-645-0630)

予約・問い合わせ:ブックスキューブリック箱崎店 hakozaki@bookskubrick.jp

②peatixというサービスからも簡単に予約が可能です。
こちらの「チケットを申込む」ボタンからお申込ください。
参加費は当日受付でお支払いくださいますようお願いいたします。



夏野 雨(詩人
1978年生まれ。福岡県飯塚市出身。大学卒業後、関東周辺で俳優として活動。
映像作品や、小劇場、小学校、旅館等での講演に参加。
帰福後、詩のオープンマイク「福岡ポエトリー」を立ち上げ現在まで継続。
ポエトリーフェス「福岡ポエイチ」初代代表。
2018年第一詩集『明け方の狙撃手』を刊行。現在、福岡在住。

渡辺 玄英(詩人)
サブカルチャーの「弱い、呟きのコトバ」を用いた詩集『海の上のコンビニ』で注目される。
詩集『火曜日になったら戦争に行く』は(セカイ系詩)として話題になり、
吉本隆明に「『無』の状態から意味論的に脱出しようという意図が感じられる」と評される。
他に『現代詩文庫渡辺玄英詩集』など。


 

 

Go to top