福岡・けやき通り&箱崎の小さな本屋 ブックスキューブリックIndependent Small Bookstore in Fukuoka since 2001

7/23(火)-8/18(日)ミロコマチコ「ドクルジン」原画展

巨大生命体・ドクルジン誕生

なんて きもちが いいんだ 
ちからが どんどん あふれてきたぞ

生き物たちが、山が、海が、動き出す。

ミロコマチコさんが創造する、
プリミティブ&サイケデリックな神話的新境地! 亜紀書房えほんシリーズ〈あき箱〉第1弾!

 ページをめくるたび、見開きいっぱいに広がる絵の数々に圧倒されます。この度、ブックスキューブリック箱崎店では、ミロコマチコさんの新刊「ドクルジン」の原画を展示します。
 印刷された絵本とは違う原画展の見どころはなんといっても、その存在(原画)がまるで生き物のようであることです。ある人物を写真で見るときと、実際に会うときでは受けるパワーや印象が違うように、原画もやはり印刷された絵本でみるときと生でみるのとでは違います。それは、命あるものとの出会いに近い感覚です。

 プリミティブなパワーが炸裂した作品の数々を是非この機会にご覧ください。

【会期】 2019年7月23日(火)~8月18日(日) 
     ※7/29(月)と8/5(月)は定休日です。
     11:00~18:00(月曜定休)
【会場】 カフェ&ギャラリー・キューブリック
     (ブックスキューブリック箱崎店2F・福岡市東区箱崎1-5-14
     JR箱崎駅西口から博多駅方面に徒歩1分)

著者紹介
ミロコマチコ
1981年生まれ。画家・絵本作家。全国各地で展覧会を精力的に行う。著書に『オオカミがとぶひ』(イースト・プレス、第18回日本絵本賞大賞)、『てつぞうはね』(ブロンズ新社、第45回講談社出版文化賞絵本賞)、『ぼくのふとんは うみでできている』(あかね書房、第63回小学館児童出版文化賞)、『オレときいろ』(WAVE出版、ブラティスラヴァ世界絵本原画展2015・金のりんご賞)、『けもののにおいがしてきたぞ』(岩崎書店、プラティスラヴァ世界絵本原画展2017・金牌)などがある。2018年、第41回巌谷小波文芸賞を受賞。

Go to top