福岡・けやき通り&箱崎の小さな本屋 ブックスキューブリックIndependent Small Bookstore in Fukuoka since 2001

駒形克己+One stroke 春のフェア開催中です。

komagatasan_sp.JPG世界的に活躍されている造本作家でグラフィックデザイナーである駒形克己さんの春を感じる絵本が、箱崎店に入荷しています。1枚1枚の紙や形の手ざわり、詩のような言葉、ページをめくったときの驚きを、見て触って感じにいらしてください。 namida.JPG春の入荷は、6点です。 「BLUE TO BLUE」、「空が青いと海も青い。」に加え、新たに、緑色が豊かに広がる「かぜがはこぶおと」、ひと粒のなみだからはじまる「なみだ」、 小さな扉を開いてはじまる、"I"をテーマに表現された小さなラッキーブック。 「LUCKYBOOK "i" 」、 salada.JPG そして、こちら「5月のサラダ」は、南仏の丘で積んだ草花を写真に撮り紹介したアート本です。紹介している植物は、本のタイトルにもあるように、すべて食べられる草花なのだとか。小さなサイズの蛇腹式の本は、ちょっとしたプレゼントに、これからの季節のおすすめです。
m_dog.JPG  m_cat.JPG さらに、「memo motsu cat」「memo motsu dog」が仲間入り。2匹の犬と、2匹の猫を縦横に交叉させてはさみ、立たせることができます。口(猫は前脚も)がスリットになっているので、メモや写真などをくわえたり、キャッチしたり。お部屋のちょっとしたインテリアや、大事なメモを挟んで、お知らせ係としても活躍してくれそうです。 1枚1枚の形が組み合わさると、ひとつの作品にもなるミニカードも揃っています。 0419.JPGそして最後に、お知らせです! 駒形克己さんについて、駒形さんの活動をもっと知りたい!という方へ朗報です。 4月19日(金)夜10:00より、WOWOWプライムにて、駒形克己さんのドキュメンタリー番組の放送が決定致しました! 駒形さんがはじめて挑まれる手話言語の絵本制作の過程を追い、その現場の1年間にわたる密着取材です。 詳細はコチラ。 http://www.wowow.co.jp/pg_info/detail/101702/index.php?m=01 皆様、是非ご覧ください!

Go to top