福岡・けやき通り&箱崎の小さな本屋 ブックスキューブリックIndependent Small Bookstore in Fukuoka since 2001

murren vol.19 ヒトシとレビュファ 行動と瞑想

LP-153「ふたりの作品のすべては、山に登るという行為から発し、そこで生まれた思想という形に結実している。山と人をこよなく愛したふたりのアルピニストの、行動と瞑想から生じた言葉は、なんら古びることなく、いつの時代も山をめざすすべての人の心に訴えかけてくる。」(本文より)

 

 「街と山のあいだ」をコンセプトに身近な自然や山をテーマにした小冊子"murren"(ミューレン)の19号を入荷しました。今回は、山と人をこよなく愛した、同い年のアルピニスト(=登山家)、ガストン・レビュファと近藤等の特集です。

 レビュファと近藤氏は、レビュファの著書を近藤氏が翻訳したことをきっかけに、深い友情を築きました。登山の中で育まれた思想を、文章や映画という表現方法で多くの作品を残した二人のことばは、山に親しみのある方は言うまでもなく、人生に通じる普遍的な哲学として、読む者の胸を打ちます。

 二人にとっての「登山」を、各々が情熱を傾けているテーマに置き換えて読むこともできます。この機会に、二人の生き方にぜひふれてみてください。レビュファと近藤氏の著作の紹介や、登山中に撮影されたモノクロ写真も収録されています。

 

murren編集部 540円(本体価格500円+税)

【オンラインショップ】でもご購入いただけます。

Go to top