福岡・けやき通り&箱崎の小さな本屋 ブックスキューブリックIndependent Small Bookstore in Fukuoka since 2001

池田雪さん(書肆侃侃房)の本棚 Vol.1

 地元福岡の版元(業界用語で出版社のこと)書肆侃侃房で本の制作と販売をしている池田さん。自社のHPでは「つれづれcafe日記」のタイトルでお気に入りのカフェや本のことを綴っていて、当店も何度も紹介していただいています。もう2年近く続けているので紹介したお店も数多く、アクセスもかなりのようです。

「ニューヨークで見つけた気持ちのいい「ふたり生活」」 渡辺葉著 

青春出版社 ¥ 1,575

 Cafeglobeで連載中から大好きだったエッセイ「葉的紐育御気楽ふたり生活」は、渡辺葉さんがニューヨークでのJ・ルカとのふたり暮らしを綴ったもの。
 ふたり暮らしで起こる、楽しいこと、大変なこと、新しいことなどなど、わかるーっていう話がたくさん載っていて、読んでいて楽しく、そして自分のこと、自分たちのことを見直すきっかけにもなるエッセイでした 。
 他人同士が一緒に暮らすわけだからぶつかるのなんて当たり前。でも、ふたりでいることによって広がる世界ってあるんだよね。毎日お家に帰って会話をする相手がいて、一緒にごはんを食べる。ふたり暮らしをうまくやるには、「ハッピー・ミディアム」を探すこと。そうするといろんなことがうまくいくようになるから、不思議。この本、これからふたり暮らしを始めるふたりへのプレゼントにもおすすめ。

Go to top