福岡・けやき通り&箱崎の小さな本屋 ブックスキューブリックIndependent Small Bookstore in Fukuoka since 2001

「ノス・ヂアス・ヂ・オージェ」 イヴァン・リンス

東芝EMI ¥2548

ノス・ヂアス・ヂ・オージェ

 以前紹介した「今宵楽しく」は、その記事を信じて購入してくれたK大学のI先生から「最高だった」と大変感謝されました。そう言われるとこちらも嬉しくなるので、同じイヴァン・リンスをもう1枚紹介します。
 この「ノス・ヂアス・ヂ・オージェ」は、その「今宵楽しく」の次の年の78年に発売されたもので、「ある夜」(79年)、「ノーヴォ・テンポ」(80年)と続くイヴァンがEMIレーベルに残した4部作のひとつです。ライナーノーツによるとこのEMI時代が彼の最もノッていた時期のようで、その後多くのミュージシャンがカバーした曲の大半がこの時期のアルバムに収録されているそうです。
 どの曲も洗練された美しいメロディや心地よいリズムを持っていて、流れるような展開で進んでいく素晴らしいものですが、一番の魅力は彼の声にあるような気がします。伸びやかでいて切なさも感じさせるその歌声は、一度聞いたら忘れられない深い印象を与えてくれます。
 このアルバムは最近購入したのですが、早速店でかけている時に問合せがありました。3曲目めの「神の旗」が特にお奨めです。
 
 

Go to top