福岡・けやき通り&箱崎の小さな本屋 ブックスキューブリックIndependent Small Bookstore in Fukuoka since 2001

児島研二さん(市民オンブズマン福岡)の本棚 Vol.7

「市民の日本語―NPOの可能性とコミュニケーション」 加藤 哲夫

 ひつじ書房 ¥ 730 

  「声が大きくて、理路整然と話ができる人だけではなく、声が小さくても、まとまっ ていなくても重要なことばを発する人もいる。多数決だけでは、貴重な言葉を練り合 わせていくことは難しい。過去の美しいことばを美しく朗読しても、それは市民のことばになりにくい。新しい社会を作り出していくためには、新しいコミュニケーショ ン方法が生み出されなければならない。
 市民の新しいコミュニケーションを考えるために、市民のことばを提案する1冊」。筆者は、仙台在住のNPO活動の仕掛け人の一人。本書の中で著者が取り組んだ 仙台市役所のごみ問題の市民参加の取り組みは、福岡市も見習うべきである。

Go to top