福岡・けやき通り&箱崎の小さな本屋 ブックスキューブリックIndependent Small Bookstore in Fukuoka since 2001

「増補新版 いま、地方で生きるということ」西村佳哲

『自分の仕事をつくる』『自分をいかして生きる』などの著者である働き方研究家の西村さんが東北・九州に足を運び、10人+1人(ミシマ社の三島さん)への地震後の取材により「どこで働く?」「どこで生きる?」という問いを考えてゆく一冊。8年後のインタビューを大幅に加えた決定版です。

筑摩書房 860円+税

オンラインショップで購入する

Go to top