福岡・けやき通り & 箱崎の小さな本屋

Independent Small Bookstore in Fukuoka since 2001

おすすめ本・雑誌

『本当の自分がわかる心理学』シュテファニー・シュタール 著 繁田香織 訳

2022.01.09

人間関係のトラブルや自分の性格に関する悩みなど、様々な問題には実は「無意識のトリガー」がある。その背後にあるものを紐解き、問題を引き起こす思考や行動パターンをリセットする方法を...

山田達男 ポストカード「九大箱崎キャンパスを描く」12枚セット

2022.01.09

移転によりほとんどの建物が失われてしまった、九州大学箱崎キャンパスを水彩画にとどめたポストカードシリーズ。アマチュア画家山田達男氏がコツコツと描きためた作品の数々からは、在りし...

『百戦錬磨の台所vol.2』中村好文

2021.12.12

建築家、家具デザイナーとしても活躍中の中村好文さん。中村さんが理想とするのは散らかっても使い倒してもへこたれない大らかな台所。本書は、その理想の台所を臨場感あふれる文章、写...

『星に絵本を繋ぐ』井上奈奈

2021.12.12

世界で最も美しい本コンクール2018で銀賞を受賞した『くままでのおさらい』など芸術性の高い絵本をつくり続ける作家・井上奈奈さんによる、絵本以外では初となる書き下ろしの著書を取扱...

『CONTE MAGAZINE VOL.2 特集:森へ来なさい。』

2021.12.12

沖縄で創刊した『CONTE MAGAZINE』(コントマガジン)より第2号が入荷しました。
フランス語の“ショートストーリー”(=CONTE)という意味をもつこの...

『未来派』多木浩二

2021.12.12

20世紀初頭にイタリアで起こった前衛芸術運動「未来派」。それは既存の芸術・社会を否定し、来るべき新たな文明社会を賛美するもので、自動車に代表されるような機械化によってもたらされ...

『底にタッチするまでが私の時間 よりぬきベルク通信』木村衣有子 編

2021.11.06

文筆家・木村衣有子さんの出版レーベル「木村半次郎商店」より新刊が入荷しました。新宿の代名詞ともいえる小さな飲食店『ビア&カフェ ベルク』の月刊フリーペーパーから選び出した記事や...

『STANDART vol.17 パンク ラブドール コーヒー』

2021.10.31

2017年の創刊から4周年を迎えたStandartJapan。誰もがおいしいコーヒーを楽しめる世の中になってほしいという願いからスタートし多様で魅力溢れるコーヒーの世界を伝える...

『BIRD 8号 自然と遊ぶ、フィンランドの暮らし』

2021.10.31

長らく在庫切れとなっていた、TRANSITの姉妹誌『BIRD』から、フィンランドの号を入荷致しました!本誌は、2013年から2014年に発行されていた「旅」がキーワードのライフ...

『嘘がつけない人』小山田浩子、大竹昭子

2021.10.31

小山田浩子と大竹昭子による対談と、両者が書き下ろした二篇の掌篇、「骨董」と「裏焼き」を収めたこれまでにないスタイルのカタリココ文庫です。

(以下発...

『表紙絵を描きながら、とりあえず。』成瀬政博

2021.08.28

週刊新潮の表紙絵を20年以上にわたって手掛ける画家、成瀬政博さんのエッセー集。30代半ばで脱サラして画家になった成瀬さんの、絵を描く日々、家族との時間、幼いころの記憶が綴られて...

『街どろぼう』junaida

2021.08.28

ひとりの巨人が主人公の小さな物語。
このお話は長い間junaidaさんの中にあり夜寝る前、自分に向かって頭の中で繰り返し語り聞かせていたそうです。
...

『nice things. issue65 素敵と出会おう。楽しいを作ろう。』

2021.08.28

雑誌に登場する景色や、その場所で生きる人たちの言葉や生き方が、ふと自分のなかに眠っていた想いにノックする。情報ではなく、気づきと出会えるような、稀有な雑誌「nice thing...

『小さな声、光る棚 新刊書店Titleの日常』辻山良雄

2021.07.17

東京・荻窪にある書店「Title」の店主・辻山良雄さんの新刊。辻山さんの人気web連載「本屋の時間」(幻冬舎plus)をもとにした一冊で、その日常の出来事から「よく働き、よく生きること」が見...

『個人的な三ヶ月 にぎやかな季節』植本一子

2021.07.17

写真家・文筆家の植本一子さんによるコロナ禍日記の第二弾の取扱いがスタートしました。
前作『個人的な三月 コロナジャーナル』から約一年。2021年1月から3月までの出来事がおよそ12...

『体操をつくる』川﨑智子、鶴崎いづみ

2021.07.17

キューブリックでロングセラーになっている『整体対話読本 ある』(土曜社 2019)の川﨑智子さんと鶴崎いづみさんによる、「体操をつくる」ワークショップの記録が一冊の本になりました。

<...

『海のむこうで』作 M.B ゴフスタイン、翻訳 石田ゆり子 

2021.06.20

1968年、ニューヨークタイムズ「最優秀賞児童図書賞」受賞。まったく古びない本質的なテーマ。シンプルな線。子供のためだけでなく、すべての世代のための、大切な絵本。女優石田ゆり子...

『ちゃぶ台7 特集:ふれる、もれる、すくわれる』

2021.06.20

生業としてのものづくりにおいて「お金」が原因で生じる重大な矛盾。どうすれば「お金」を分解し、生活者としての息苦しさから解放されるのか。そこで鍵となるのが「ふれる・もれる」社会の...

『MONKEY vol.24 特集 イッセー=シェークスピア』

2021.06.20

編集長は翻訳家の柴田元幸。MONKEYは小説を通して、今私たちが住む世界の魅力を伝えるための文芸誌です。いい文学とは何か、人の心に残る言葉とは何か、編集はその先の生き方を探して...

『太陽と月』タムラ堂

2021.06.12

インド南部 チェンナイの出版社 Tara Books(タラブックス)のハンドメイド絵本『太陽と月』)、3刷が再入荷しました!

ハンドメイド絵本と呼...