福岡・けやき通り&箱崎の小さな本屋 ブックスキューブリックIndependent Small Bookstore in Fukuoka since 2001

「ワイルドサイドをほっつき歩け―ハマータウンのおっさんたち」ブレイディみかこ

「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」に次ぐ、待望の最新エッセイ集『ワイルドサイドをほっつき歩け―ハマータウンのおっさんたち』が入荷しました!

昨年箱崎店でトークイベントを開催した福岡出身・英国在住のブレイディみかこさん。「ぼくイエ」の愛称で親しまれている前作は、長男の中学校生活を軸にしながら親子の成長を描いていましたが、今回の主人公は英国の労働者階級の中高年たち!「地べた」から世界を切り取る手腕はそのままに、人生という旅路をほっつき歩くおっさんたちをユーモアたっぷりに描いています。

実はほぼ同時期に執筆されていたという「ぼくイエ」と今作は、「少年側から見た英国」と「おっさん側から見た英国」という表裏一体の関係。2冊合わせて読むことで、さらに奥深い英国のリアルが浮かび上がってきます。前作を読んだ方は必読、未読の方は本書からぜひ!

筑摩書房 1350円+税

オンラインショップで注文する

Go to top