福岡・けやき通り&箱崎の小さな本屋 ブックスキューブリックIndependent Small Bookstore in Fukuoka since 2001

おすすめ本・雑誌

「ロックの英詞を読む-世界を変える歌」ピーター・バラカン

2016.07.02

 当店でもロングセラーの「ロックの英詞を読む」の第二弾が発刊されました。
 今作は様々な社会問題に対するメッセージ・ソングをピーター・バラカンさん自身が選んで英詩を新訳。...

「カモメのジョナサン」リチャード・バック

2016.06.29
「カモメのジョナサン」リチャード・バック

 〔激オシ文庫フェアin BK 推薦書籍〕

「カモメの群れ。どのカモメも餌を求め、食うために飛んでいるが、ジョナサンは飛ぶことそのものに魅せられる。「飛ぶ」は「生きる」とか「働く」に...

「映画を撮りながら考えたこと」是枝裕和

2016.06.23

 映画『海よりもまだ深く』が現在上映中の是枝裕和監督の著作がミシマ社より発刊されました。
 是枝監督といえば『そして父になる』や『海街diary』など多くの作品で知られている日本を代表...

「黄金の服」佐藤泰志

2016.06.16

〔激オシ文庫フェアin BK 推薦書籍〕

「今年9月公開の映画『オーバー・フェンス』の原作を収録。佐藤泰志は村上春樹と同じ1949年生まれ。」

推薦人:田村...

「ゆっくり、いそげ」影山知明

2016.06.11

 東京の西、西国分寺市。JR中央線の駅の中で一番乗降客数が少ないと言われる西国分寺駅から徒歩1分の場所に「クルミドコーヒー」はあります。クルミとコーヒーを主役に大人もこどももお年寄りも、静かにくつろげ...

「青春漂流」立花隆

2016.06.10
「青春漂流」立花隆

〔激オシ文庫フェアin BK 推薦書籍〕

「プロローグとエピローグまで、いい。むしろ、それだけでも、いい。」
推薦人:赤阪 護(ivsi)

「読み...

「須賀敦子の手紙 1975-1997 友人への55通」須賀敦子

2016.06.07
「須賀敦子の手紙 1975-1997 友人への55通」須賀敦子

 イタリア文学者でエッセイストの須賀敦子さんが親しい友人にあてた55通の手紙。雑誌「つるとはな」に掲載され、これまで未公開だったことから大きな話題となりました。「須賀敦子の手紙」はその完全収録版...

「旅は俗悪がいい」宮脇檀

2016.06.05
「旅は俗悪がいい」宮脇檀

〔激オシ文庫フェアin BK 推薦書籍〕

「 旅と娘を愛した建築家の旅行記。気取らずに街を行く姿が格好いい。トラブルにハラハラしながら読むのもおすすめです。 」

...

「文学ムック たべるのがおそい」

2016.05.31

 小説や翻訳、短歌、音楽などの分野で活躍する西崎憲さん編集による文芸誌が誕生しました。発行は、福岡の出版社・書誌侃侃房です。
 「たべるのがおそい」は小説・翻訳・短歌を中心にした「文学...

「清兵衛と瓢箪・網走まで」 志賀直哉

2016.05.28

〔激オシ文庫フェアin BK 推薦書籍〕

「短編小説の凄みを教えてくれる一冊。読み返すたび、圧倒されます。」

推薦人:角田光代(作家)

新潮社 594円(本体...

「ユリイカ3月臨時増刊号 出版の未来」

2016.05.26

 

 ユリイカ3月臨時増刊号の特集「出版の未来」。本が売れず街の書店も減少を続ける今、書店・取次・出版社の現状とこれからを考える特集です。
 京都・誠光社の堀部篤...

「壇蜜日記」 壇蜜

2016.05.23

〔激オシ文庫フェアin BK 推薦書籍〕

「壇蜜さんの文章は格が違う。一字一句、身体で書かれている。僕はシャンプーの匂いまでありありと感じた。」

推薦人:鹿子裕文(ヨレヨ...

「シティ情報ふくおか」2016年6月号  BKベーカリー掲載

2016.05.21

 「シティ情報ふくおか」6月号に、箱崎店のBKベーカリーが掲載されました。特集は「カフェと雑貨」。最近福岡でも増えてきたブックカフェ&本屋のニュースとして、巻頭3ページにわたって、美味しそうなパ...

「結婚式のメンバー」 カーソン・マッカラーズ/〔著〕 村上春樹/訳

2016.05.19

〔激オシ文庫フェア in BK 推薦書籍〕

女の子(だった人)だけでなく「緑色をした気の触れた夏の出来事で、フランキーはそのとき十二歳だった」―フランキーの抱えている憧...

「日付の大きいカレンダー」岩崎航

2016.05.18

  詩人・岩崎航さんの初となるエッセイ集です。著者は、3歳のときに進行性筋ジストロフィーを発症し、今も身体の自由がきかないなか朗読会やトークイベントなど精力的に活動する詩人です。25歳から詩を書...

「ことばの食卓」 武田百合子

2016.05.13

  〔激オシ文庫フェア in BK 推薦書籍〕

「特別な事はない普通の文章から、生の感覚を伴った光景が立ちのぼる。これぞ天賦の才。真似しようとしても、するりと逃げられる。」

<...

「片隅02」

2016.05.11
「片隅02」

 九州限定で販売されている文藝誌「片隅」の第2号が発行されました。「片隅」は熊本にある非営利の出版社「伽鹿舎」が作った文藝誌です。日本の片隅から文藝シーンを作り出していきたい、とい...

「文鳥文庫」創刊(日本文学 8作品セット)

2016.05.07
「文鳥文庫」創刊(日本文学 8作品セット)

文鳥社/1,296円(税込)

『読みたいけど、読む時間がない…』というあなた。
実は「走れメロス」も、「檸檬」だって、長い作品ではないのです。
...

「自然の鉛筆」ウィリアム・ヘンリー・フォックス・トルボット

2016.05.04
「自然の鉛筆」ウィリアム・ヘンリー・フォックス・トルボット

写真術の発見に至るまでの経緯やその重要性をトルボット自ら記した文章と、写真図版一枚一枚に添え...

「大人ごはん」創刊号

2016.05.01
「大人ごはん」創刊号

ごはんと、文化と、生きることが好きなすべてのオトナに送る、新感覚の季刊誌「大人ごはん」創刊号!

門脇麦さんへのインタビュー「ごはんとわたし」、角田光代さんとの「書くこと...

Go to top