福岡・けやき通り&箱崎の小さな本屋 ブックスキューブリックIndependent Small Bookstore in Fukuoka since 2001

商品のご紹介

「旅人 ある物理学者の回想」湯川秀樹

2017.05.21

〔激オシ文庫フェア in BK 推薦書籍〕

「たとえ「いま」が窮屈で孤独であっても、湯川先生がいる。高校生の頃この本に出会い、そう実感できたことで、ずいぶん救われたと思う。」

推薦人:三島邦弘(ミシマ社)

KADOKAWA 637円(本体590円+税)

 

2017年5月1日~15日 売上ベスト10

2017.05.18

1.ローカルブックストアである
大井 実 著
《晶文社》
1,728円(本体1,600円+税)

2.F:BOOK 2
《交通タイムス社》
980円(本体907円+税)

3.F:BOOK<...

「Dear,THUMB BOOK PRESS」タダジュン

2017.05.06
「Dear,THUMB BOOK PRESS」タダジュン

 イラストレーターや銅版画家として活躍するタダジュンさんの初作品集です。少し不思議な作品集で、架空のプライヴェート・プレス<THUMB BOOK PRESS>を主宰するサム<THUMB(親指)>が愛した海外小説の装丁20点を、タダジュンさんがサムになりきって手がけるというもの。柴田元幸さんや菅啓次郎さん、小野正嗣さんら12名の寄稿者...

2017年4月16日~30日 売上ベスト10

2017.05.03

1.F:BOOK 2
《交通タイムス社》
980円(本体907円+税)

2.ローカルブックストアである
大井 実 著
《晶文社》
1,728円(本体1,600円+税)

3.今日の人生

「カモメのジョナサン」リチャード・バック

2017.04.29

〔激オシ文庫フェア in BK 推薦書籍〕

「カモメの群れ。どのカモメも餌を求め、食うために飛んでいるが、ジョナサンは飛ぶことそのものに魅せられる。「飛ぶ」は「生きる」とか「働く」に置き換えてもいい。若い頃の僕を応援してくれた本だ。」

推薦人:土器修三(イラストレーター)

新潮社 63...

「おおきなかぶ」青幻舎

2017.04.19
「おおきなかぶ」青幻舎

 童話「おおきなかぶ」が大きな絵本になりました。広げるとなんと2メートルを越えるサイズ!大きく描かれたかぶの上に立ったり寝転んだりと、物語のスケール感を体感できる体験型絵本です。破れにくく水に強い丈夫な素材でできているので、子どもたちも思う存分楽しむことができます。贈り物にもおすすめです。

青幻舎 1,944円(本...

2017年4月1日~15日 売上ベスト10

2017.04.18

1.ローカルブックストアである
大井 実 著
《晶文社》
1,728円(本体1,600円+税)

2.TRANSIT 35 南インド・スリランカ
《講談社》
1,944円(本体1,800円+税)

...

「文鳥・夢十夜」夏目漱石

2017.04.16

〔激オシ文庫フェア in BK 推薦書籍〕

「置き忘れた記憶を、漱石が拾って書きつけてくれたのではないかと錯覚する程の、流れ込んでくる情景のみずみずしさ。」

推薦人:倉内 由美子(ナツメ書店 オーナー )

新潮社 464円(本体430円+税)

...

「雨ニモマケズ」宮沢賢治・作 柚木沙弥郎・絵

2017.04.09

 宮沢賢治の有名な作品「雨ニモマケズ」に画家で染色家の柚木沙弥郎さんが絵を添えました。「雨ニモマケズ」は、賢治が人に見せるために書いた作品ではなく、手帖に書きとめていた「祈り」のことばともいわれています。柚木さんは「あかるく描こう」と作品作りに取り組まれたそうです。
 また、巻末には賢治の弟、清六の孫、宮沢和樹さんの...

2017年3月16日~31日 売上ベスト10

2017.04.02

1.ローカルブックストアである
大井 実 著
《晶文社》
1,728円(本体1,600円+税)

2.幸福はどこにある
フランソワ・ルロール
《伽鹿舎》
1,000円(本体926円+税)
<...

「ちよう、はたり」志村ふくみ

2017.03.31

〔激オシ文庫フェア in BK 推薦書籍〕

「いのちの色を慈しみ、糸を紡ぐような人になりたい。自然と渾然一体となり、自らが受け取った智慧や哲学を後生へ継ぐような人に。」

推薦人:前田亜礼(フリーランスライター)

筑摩書房 972円(本体900円+税)

...

「Coyote」No.61

2017.03.26
「Coyote」No.61

 「人、旅をする」をテーマにした『Coyote』の最新号が入荷しました。特集は「アフリカの南」。ボツワナ、ナミビア、ジンバブエ、南アフリカ共和国を訪れ、人がどのように自然や動物たちとともに生きていくのかを考えます。また、『一瞬の夏』『春に散る』などボクシングについての作品も多い沢木耕太郎さんが新たにボクシングのノンフィクションを書き...

2017年3月1日~15日 売上ベスト10

2017.03.23

1.ローカルブックストアである
大井 実 著
《晶文社》
1,728円(本体1,600円+税)

2.騎士団長殺し
村上 春樹 著
《新潮社》
1,944円(本体1,800円+税)

3.幸福はどこにある
フランソワ・ル...

2017年2月16日~28日 売上ベスト10

2017.03.10

1.騎士団長殺し
村上 春樹 著
《新潮社》
1,944円(本体1,800円+税)

2.ローカルブックストアである
大井 実 著
《晶文社》
1,728円(本体1,600円+税)

3.SWITCH ほぼ糸井重里
《ス...

「MONKEY vol.11」

2017.02.26

 翻訳家・柴田元幸さん責任編集「MONKEY」の最新号です。特集は「ともだちがいない!」。ともだちがいなかったり、見つかったり失われたりする話が詰まった特集ですが、柴田さんご自身も「ともだちのいない人たちの文学」(アメリカ文学)に惹かれるそうです。
 今回の特集では、谷川俊太郎さんとくどうなおこさんによる「ともだちがいない...

「夢のなかの夢」タブッキ

2017.02.22

〔激オシ文庫フェア in BK 推薦書籍〕

「夢、現、幻、、この、でっち上げの夢の物語はなににあたるのだろう。境界のそこかしこに、柔らかな裂け目。」

推薦人:GROU/服飾デザイナー

岩波書店 583円(本体540円+税)

...

2017年2月1日~15日 売上ベスト10

2017.02.18

1.ローカルブックストアである
大井 実 著
《晶文社》
1,728円(本体1,600円+税)

2.幸福はどこにある
フランソワ・ルロール
《伽鹿舎》
1,000円(本体926円+税)

3.「食事」を正せば、病気、不調知らずの...

「たしなみについて」白洲正子

2017.02.15

 当店でもロングセラーとして多くの方に読み続けられている白洲正子さんの「たしなみについて」が文庫化されました。1948年に発表されたエッセイ6編を収録しています。書籍タイトルにもなっている「たしなみについて」では、著者が考える57の心構えが語られています。
 これまでの新書版の内容に加えて、竹田砂鉄さんによる解説が収録され...

「丸かじり劇場メモリアルBOX 」東海林さだお

2017.02.11
「丸かじり劇場メモリアルBOX 」東海林さだお

〔激オシ文庫フェア in BK 推薦書籍〕

「物書きとして、ぼくの文章の先生はチャンドラー、レヴィ=ストロース、そして東海林さだお大先生だ。」

推薦人:元木 哲三(ライター・ラジオナビゲーター)

朝日新聞出版 1,080円(本体1,000円+税)

 

...

2017年1月16日~31日 売上ベスト10

2017.02.08

1.ローカルブックストアである
大井 実 著
《晶文社》
1,728円(本体1,600円+税)

2.F:BOOK
《交通タイムス社》
980円(本体907円+税)

3.茨木のり子の献立帖
茨木 のり子 著
《平凡社》...

Go to top