福岡・けやき通り&箱崎の小さな本屋 ブックスキューブリックIndependent Small Bookstore in Fukuoka since 2001

商品のご紹介

2017年11月1日~15日 売上ベスト10

2017.11.16

1.LOCAL'S CHOICE FUKUOKA CITY GUIDE
《FROM WHERE I STAND》
500円(本体463円+税)

2.福岡の隠れ家・穴場2
《文榮出版社》
1,296円(本体1,200円+税)
...

『福岡の隠れ家・穴場 2』文榮出版社

2017.11.15

第1弾が好評で完売してしまった『福岡の隠れ家・穴場』の第2弾が出ました。第1弾発売後にオープンしたお店や、「ここにもあった!」と編集部が後からその存在に気づいたお店など、ひっそりと佇む101軒の隠れ家・穴場の店が登場します。再開発で注目されている六本松エリアも特集されています。

文榮出版社 1,296円(本体1,20...

2018年のカレンダーが入荷しています。

2017.10.25
2018年のカレンダーが入荷しています。

 気が付けば今年も残すところ2か月となりました。1年を共に過ごすカレンダーを選ぶのはこの時期のお楽しみ!2018年のカレンダー、続々入荷しています。ぜひご覧ください。(オンラインショップでも購入できます。)

 

***...

「横道世之介」吉田修一

2017.10.21

〔激オシ文庫フェア in BK 推薦書籍〕

「春なのに、元気出ないなー。今の私って自分らしいかな。……そんなあなたに、世之介に会って、笑ってほしい。」

推薦人:田中光子(文藝春秋文藝出版局第一文藝部)

文藝春秋 771円(本体714円+税)

...

2017年10月1日~15日 売上ベスト10

2017.10.21

1.LOCAL'S CHOICE FUKUOKA CITY GUIDE
《FROM WHERE I STAND》
500円(本体463円+税)

2.福岡の隠れ家・穴場2
《文榮出版社》
1,296円(本体1,200円+税)
...

「タラブックス」野瀬奈津子・松岡宏大・矢萩多聞

2017.10.13

 箱崎店でも展示をしていたシルクスクリーンの絵本『夜の木』(タムラ堂)などを手掛けるインドのちいさな出版社「タラブックス」の秘密にせまる本が玄光社より出版されました。タラブックスが作る本は、紙を漉くところから印刷、製本まで、本作りのすべての工程を職人が手作業で行います。裏表紙には手書きでシリアルナンバーが記され、紙の手ざわり、インク...

「失敗の本質」

2017.10.07

〔激オシ文庫フェア in BK 推薦書籍〕

「本書は戦争書ではない。過去の失敗を通じ、現代のあらゆる日本型組織に警笛を鳴らす。未来に活かすべき本質を記した一冊。」

推薦人:木下斉(一般社団法人エリア・イノベーション・アライアンス代表理事)

中央公論社 823円(本体7...

「月極本 2 幸せな死に方」

2017.10.01

 世界の小さな家やミニマルライフ事例を紹介する「YADOKARI」が発行するリトルプレス『月極本』の第2号です。特集は「幸せな死に方」。YADOKARIがウェブサイトで紹介してきた小さな家の中から「終のすみか」という観点で22のケーススタディを選びました。谷川俊太郎さんの詩「誰にもせかされずに」も収録されています。

...

2017年9月16日~30日 売上ベスト10

2017.10.01

1.LOCAL'S CHOICE FUKUOKA CITY GUIDE
《FROM WHERE I STAND》
500円(本体463円+税)

2.F:BOOK 2
《交通タイムス社》
980円(本体907円+税)

「私の個人主義」夏目漱石

2017.09.23

〔激オシ文庫フェア in BK 推薦書籍〕 

没後100年。漱石が言う。自分の頭で考えろ、と。「本位」に打(ぶ)つかるまで行くしかないと。

推薦人:影山知明(クルミドコーヒー店主)

講談社 713円(本体660円+税)

...

「インセクツ VOL.8」

2017.09.17

 関西を拠点とするLLCインセクツが発行する、ローカル・カルチャーマガジン「IN/SECTS」。最新号の特集は「私たちが気になる 新しいもの、未知なるもの」。仮想通貨という新しい未来の可能性を家入一真さん(CAMPFIRE代表取締役CEO)にたずねたり、イスラム教徒の生活というアンノウンな世界をハサン中田考さん(イスラム教学者)に聞...

2017年9月1日~15日 売上ベスト10

2017.09.17

1.LOCAL'S CHOICE FUKUOKA CITY GUIDE
《FROM WHERE I STAND》
500円(本体463円+税)

2.いのち愛しむ、人生キッチン
桧山 タミ
《文藝春秋》
1,566円(本体...

「大君の通貨」佐藤雅美

2017.09.09

〔激オシ文庫フェア in BK 推薦書籍〕

「小判とドルのレートをめぐって触発した通貨戦争。教科書で習わない、目からウロコの開国秘話!」

推薦人:藤村興晴(忘羊社)

文藝春秋 594円(本体550円+税)

...

2017年8月16日~31日 売上ベスト10

2017.09.05

1.LOCAL'S CHOICE FUKUOKA CITY GUIDE
《FROM WHERE I STAND》
500円(本体463円+税)

2.いのち愛しむ、人生キッチン
桧山 タミ
《文藝春秋》
1,566円(本体...

「まるっと宗像・福津 2」

2017.08.27
「まるっと宗像・福津 2」

 地元福岡の出版社 文榮出版社が発行する『まるっと宗像・福津』の第2弾が出版されました。前回の第1弾は大好評で完売。第2弾は、今年世界文化遺産に登録された宗像・沖ノ島と関連遺産群も特集されておりパワーアップしています。海、島旅、宮地嶽神社、美味しいお魚、フルーツ、歴史街道など魅力いっぱいのこのエリアを、地元出版社ならでは情報量で1冊...

「これからはあるくのだ」角田光代

2017.08.20

〔激オシ文庫フェア in BK 推薦書籍〕

「本なんて読んだことがない!なんて方にオススメです。僕はこの中の『十数年後の「ケンビシ」』を立ち読みしてハマりました。」

推薦人:中川和彦(スタンダードブックストア)

文藝春秋 545円(本体505円+税)

...

2017年8月1日~15日 売上ベスト10

2017.08.16

1.いのち愛しむ、人生キッチン
桧山 タミ
《文藝春秋》
1,566円(本体1,450円+税)

2.ローカルブックストアである
大井 実
《晶文社》
1,728円(本体1,600円+税)
...

「世界の夢の本屋さんに聞いた素敵な話」ボブ・エクスタイン

2017.08.12

  アメリカ『ニューヨーカー』誌のイラストレーター、ボブ・エクスタイン氏が世界の75の書店から聞いた「素敵な話」が本になりました。著者の「独立系書店」を愛する思いが形となった本で、今はもう閉店してしまった店も登場します。それぞれの逸話には、写真ではなくイラストが添えられているのもイラストレーターの著書ならでは。
 も...

「美の法門」柳宗悦

2017.08.05

〔激オシ文庫フェア in BK 推薦書籍〕 

「柳曰く”美しいものとは、自由が形や色をとったものといってよい。つまり自由以外に真の美はないのである。”おお、全くそのとおり!」

推薦人:アジサカコウジ(画家・イラストレーター)

岩波書店 864円(本体800円+税)

...

2017年7月16日~31日 売上ベスト10

2017.08.03
2017年7月16日~31日 売上ベスト10

1.つるとはな 第5号
《つるとはな》
1,404円(本体1,300円+税)

2.仕事文脈 VOL.10
《タバブックス》
756円(本体700円+税)

3.ローカルブックストアである
...

Go to top